新しいキャッチフレーズの紹介とその理由

本記事は、2013年6月8日(土)のアメブロ記事を転記、加筆修正したものです

この記事を加筆修正しているのが2019年5月ですから、今から6年前に書いた記事になります。

過去の自分を振り返ると、独立する直前で、初めて学んだメソッドでたまたま

良い感じになった、というふうに見ることもできますが、今思い返すと

自分の記憶を癒す旅が始まったばかり、という感じで、ニュートラルとはまだ言えないかなと

思いながらも、どんどん前進していった頃なので、これはこれで良かったのだな、

ときちんと過去の自分も肯定している、そんな感覚です。

実際に過去の自分の記事が6年後の自分に向けて意識改革にもなっていますし、

このような書き方の記事でもOKなんだな、とこれから独立する方への光にもなるかと思います。

 

以下、当時のアメブロ記事より

今日からお仕事だったのですが、急遽有給にしました。

2日前に右耳の清掃を行っていたのですが、ゴミを耳の奥の方に追いやってしまって、

出られなくなってしまったのです。

 

そしたら、急に耳鳴りがしだして(貝殻を耳に当てると海の波の音がするような感じです)、

聞こえ具合も悪くなっていたんですね。

 

放置したら改善するかとも思ったのですが、全く改善する気配なし!

病院嫌いの私は仕方なく耳鼻咽喉科に行くことにしました。

耳の穴の中に器具を入れられるのがちょっと怖かったです(><)

が、やってもらうと全くそんなことはなく、掃除機みたいなもので吸い取ってもらい、

その後、水で洗浄して終わりでした。

 

いやー、ものすごいブツが出てきて、びっくりしましたが、すっきりしました!

右耳だけなぜか穴が入り組んでいて、長い年月もかけてそこに押し込めてしまっていたようです。

 

 

遅ればせながら6/5に私は39歳になりまして、Facebookで多くの方から

お祝いのメッセージをいただき、本当に嬉しかったです。

去年の誕生日まで、そういえば家族や会社以外でこんなに

お祝いの言葉なんてもらったことなかったなーということを考えると、

この1年でずいぶんと私も変化したんだなと思いました。

メッセージをいただいた方、ありがとうございました(^^)

 

この39歳というタイミングでキャッチフレーズを今までの

『なかなか行動できない原因を見つけ、可能性を広げる西東京市のセラピスト』

から、

『苦手な人から言われた言葉がいつまでも頭に残っているあなたを楽にする方法』

に変更しました。

 

なぜ今回キャッチフレーズを変更したのか、その理由や経緯についてお話したいと思います。

 

私が現在やっているセラピーというのは、簡単に説明しますと、次のような感じです。

 

キネシオロジーと呼ばれる筋肉反射テストを使って

クライアントさまの「現在のストレスの原因」である「過去のトラウマ」を見つけ出し、

それを感情解放のテクニックで癒すという手法です。

 

この手法にめぐり合ったのは、今から3年前の冬でした。

まだ35歳で、ちょうど結婚を決めたばかりでもあったのです。

私にはとってはもったいないくらいの素晴らしい女性で、

その当時は付き合って半年も経たないくらいの勢いでとんとん拍子で婚約までいったのですね。

うまくいくときっていうのは、早いのかもしれません。

 

なんでこんなにうまくいくのか自分でもよく分かりませんでした。

でも、その時はまだ付き合っている段階ですから

お互いの良いところばかり見ていると思うんですね。

まだ毎日顔を合わせているわけではありません。

 

人間関係の4つのマトリクスでいう、ネガティブ依存なタイプ

当然家族の一員になったら、お互いに嫌な面が気になっていくんだろうな、

という、私自身の元々の思考や感情が頭でぐるぐる回る、

いわば人間関係の4つのマトリクスでいうところの

「ネガティブ依存」のタイプでした。

 

この「ネガティブ依存」という言葉について、ちょっと脱線しますが説明しておきます。

 

人間関係は大きく分けて2つ

人間関係というのは大きく2つの関係に別れます。

一つは、ポジティブ自立とネガティブ依存と言われる関係。

もう一つは、ネガティブ自立とポジティブ自立と言われる関係。

 

その中でも4つのタイプに分かれる

ポジティブ自立というのは?

明るくて前向きで元気で問題解決が得意なリーダー的な存在になります。

 

ネガティブ依存というのは?

ポジティブ依存の対極になり、元気が無く、ネガティブ思考で暗いようなイメージです。

 

詳しい話はまた別な記事で書くことにします。

私は頭の中はどうやらネガティブ依存なタイプでした。

 

恋愛時代はとてもうまくいっていたから、結婚してからもうまくいくのだろうか?

とか頭の中で色々と考えていたんです。

 

お互いの家族同士で会う時なども、その当時の私はストレスだらけで、

私の両親、特に父親に対してあまり良いイメージは持っていませんでした。

特に、父親は私に似ていて、「何でそんなこと考えるのかな?」

という思考パターンを私もどうやら引きずっていたようです。

 

特に私の父親は、母親が父親に話している言葉に敏感でした。

なんで母親が言った言葉にいちいち反応しているんだろう?

と、感情もそうですが、どちらかというと、言葉にネガティブな

感情がノリみたいな感じでくっついたみたいになって、

「父親の母親に対するネガティブな言葉」

「上司から言われた言葉」

「一生懸命仕事しているところへちょっかい出しにくる会社の連中」

こういうことが日常茶飯事な状態だったんです。

こんなストレスだらけな状態で、私は結婚して大丈夫なんだろうか?

いわゆるマリッジブルーみたいな状態でもありました。

 

そして、結婚するのであれば、結婚するまでにこの湧いて来て

いつまでも頭に残っている言葉とか感情とか、どうにかならないだろうか?

と必死になって色々な書籍やHPを見たり、講演会やセミナーに参加したりしていました。

 

そんなところにやっと出会ったのが

「心理的逆転現象 解除・調整セミナー」

というセミナーでした。

 

この当時は、実はヘミシンクと言われる瞑想CDを毎晩のように聞いてもいたんです。

私の兄は私が18歳の時に自殺しているため、

「自殺した魂は成仏できない。」

というようなスピ系の本も読んでいたため、それなら私が変性意識状態になって、

囚われの意識状態に存在しているであろう兄を成仏できないもんかな、

とも思っていたんです。ヘミシンクだけ1年半くらい聞いていました。

 

ところが私は幽霊とかそういうのが全然ダメでして(実は今でもダメです)

ヘッドフォンをつけて変性意識状態になり、何か気配のようなものが感じられるのですが、

どうしてもあと一歩のところで怖くなってヘッドフォンを外してしまうんです。

唯一できたのは、ヘミシンクを聞いている時ではないのですが、体外離脱だけでした。

体外離脱は1回体験するとクセになり、10回以上は今までに体験できたかと思います。

狙ってはできないのですが。

 

参ったなこりゃ。「頭では兄と会いたい。でも体は怖がっている。」

ということでも悩んでいたので、たまたま婚約者からもらったゆほびかの雑誌に出てきた

ミッツィ植田さんという女性がヘミシンクやっていたこともあって、

ミッツィさんの情報を読んでいるうちに、

株式会社UICって他に何をやっているんだろう?と思っていると

植田孝院長が登場してきて、心理的逆転現象というキーワードに出会ったというわけです。

 

これを見つけたのが2010年の2月くらいでしたね。

それから数ヶ月はUICの本を全て読破(といっても5冊もなかったですが)して、

一人で出来る感情解放とか体験してみて、「これはすげーや」と思っていたんです。

一人で出来る感情解放だけでも、ストレスがどんどん低減していったんです。

 

それで、セミナーにも一度参加してみたいなー。と思っていたんですが、

朝の10時から夕方17時までのワンデーセミナーで35000円したんですね。

この当時は、結婚前で色々と準備もしていたため、「たけー!」と思っていました。

でも、今だったらこれで人生変わるんだったら安いと思います!

 

それで、ちょうど今から3年前の6月5日の36歳の日に、婚約者に許可をもらって、

自分へのプレゼントとして参加することにした日でもあったんです。

この時の私の想いはズバリここにあります。

 

結婚するまでに何とか心を綺麗にして、結婚生活を一生仲良く楽しくしていきたい。

そして、お互いの家族とも仲良くしていくために、自分の家族に対しても

この湧いて来る言葉の数々を何とかしたい。という、ただこの想いだけでした。

 

会社の人間関係よりも、自分とお互いの家族との人間関係が

その当時は一番大事だと思っていました。

 

そして今日は、この時からちょうど3年経過しました。

もうほっとんどと言ってほど(もちろんたまにはありますよ!)

色々な言葉を聞いても以前のように頭がカーッとなったりするような反応が少なくなってきました。

お互いの家族では特に楽になってきて仲良く過ごせるようになってきています。

 

結婚してからも、もちろん今まで言葉のすれ違いなどもありました。

でも、その都度お互いにお互いを癒してきたので、今も結婚前と同じように、

そしてお互いの家族とも仲良く過ごすことができるようになっています。

 

苦手な人、嫌な人、もちろん今でも当然います。なくなりません。

でも、3年前に比べたら比較にならないほど落ち着いてきています。

 

3年前のこの想いを思い出すためにも、そして3年前の当時の私のように、

これから人生で変化を起こしていくような方に、

少しでも私の経験は役に立つようにと、そういう想いを込めて

『苦手な人から言われた言葉がいつまでも 頭に残っているあなたを楽にする方法』

というキャッチフレーズにしました。

 

また多少変わることもあるかもしれませんが、言葉による反応とか、

言葉が頭にいつまでも残っている人、とか多少変えるかもしれません。

 

でも、3年前の私と同じような想いで悩んでいる人に向けて

今後はセッションや情報発信をしていこうとも思いまして

今回39歳というタイミングで変更しました。

もちろん、それ以外の方に向けてもお役に立てたら幸いです。

 

2012年1月から約1年間に渡って学んできた様々なプロ養成講座の内容も、

私なりに噛み砕いて、どんどんオープンにしていっちゃおうと思いますので、

これからも西東京市のセラピスト 齊藤秀行の応援をお願い致します。

 

誰か私の3年前のような感じで悩んでいる人がいましたら、是非ともご紹介ください。

 

次回から陰陽五行についてお話していきます。テーマは、

『陰陽五行が出来るまで、陰陽の前は何だったか?』について、です。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連記事

  1. 人間の中にある3つの人格【全体像】

  2. 2010年9月3日 八ヶ岳で初めての個人セッションを受けて

  3. 私のお金のブロックの正体

  4. 【胃経と脾経】記憶力と関係する経絡?

  5. 2010年8月8日 心理的逆転現象解除・調整セミナー初体験①

  6. 4/26満月~5/10新月の私の変化点

  7. 無極から陰陽五行へ

  8. あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき