アファメーションを声に出したほうがいい理由

本記事は2013年9月1日(日)アメブロから転記、加筆修正

「ビジネスの成功を引き寄せる!ワン・コマンド成功法則」

西東京市のワン・コマンド プラクティショナー 齊藤秀行です。

 

今回のテーマは、「アファメーションを声に出したほうがいい理由」

についてです。

 

今回のこの記事を読むことで、「目標を紙に書いたりして心の中で唱える」よりは

「目標を声に出した方がいい」という理由が分かるようになります。

 

私は社会人になってからは会社の独身寮に住んでいました。

壁はとても薄くて隣の部屋から電話で話している声や

TVの声などもよく聞こえてくるような、そんな環境でした|д゚)

 

そんな環境で、自己啓発の本を色々読んでいて、

目標を声に出して唱えるアファメーションを実践したくても、

隣の部屋のことが気になってしまっていました。

 

当時は今の自分に比べたら相当「人のことばかり気にしていた」状態でした。

視点が自分の人生のことではなく、他人に気を取られていたんですね。

まあ自分勝手になりすぎるのもよくはないでしょうが、バランスが大事なように思います。

自分の声が隣に聞こえて笑われたらどうしよう?

 

とかそんなことを考えていたため、当時は目標を紙に書いたとしても、

声に出さずに、心の中で唱えていました。

これも、効果がないというわけではないと思います。

 

 

記憶に定着するにはどうしたらいいか?

ただ、実際声に出したほうが、記憶に定着するというのは

聞いたことがありませんか?

 

具体的には、英語の教科書などを、黙読するよりも、

何度も何度も音読するほうが、記憶に定着するものです。

 

これって一体なんでだろう?

と考えて色々本を読んだりしていました。そこで分かったのは、

 

声を出すことで、口の筋肉を使います。

筋肉の動きを体は覚えようとします。

 

また、声を出すことで、耳から声を聞くことになりますが、

声に出した波動は、体全体(骨、筋肉、脳、その他)も聞いています。

 

つまり、結論としては、目標を目で追って読むのは視覚しか使いませんが、

声に出すと、視覚以外に聴覚、体の各部からも記憶が定着されやすくなるんです。

つまり、潜在意識への記憶も定着しやすいということになります。

 

その代わりに声に出すことで、黙読するよりもスピードは落ちます。

大量の文字を読む時は黙読がいいのかもしれませんね!

 

そしてもっと大容量に潜在意識に記憶を書き換えるのは、イメージになります。

 

次回は、「なぜイメージは潜在意識に記憶を定着しやすいか」

についての記事を書きます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 陰陽五行図と12経絡循環図

  2. 水のガバ飲みを減らしたら2ヶ月で6kg痩せてました

  3. 黒闇天女さまを祭る文京区の北野神社

  4. なぜイメージは記憶を潜在意識に定着しやすいか

  5. 【食事前注意】放送禁止?牛のアレ?初体験で驚愕!

  6. 「第14回 惠里子さん・真喜子さんの会 in 東京」に参加してきました…

  7. 11/29田無神社本殿見学会に参加します

  8. はじめに言葉ありき