お客さんに「ありがとう」と言ったけど?

本記事は2014年8月10日(日)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

前回のブログでは、ありがとうというポジティブな言葉でも、心理的逆転を

起こしてしまうことがあることをお話しました。

 

今回は、具体的な話を例にあげてみますね。

 

夜中1時に閉店するスナックのママさんが、

店を閉める30分前に酔っ払いのお客さんが来ました。

よりによって、常連客です。帰って下さいとは言えません。

 

あともう少しで帰るところだったのに、

参ったなーと思いながらも常連客なので、

なおさら相手をしなくてはいけません。

 

明け方になってやっと帰ってくれたのですが、

その時に、やっと帰ってくれたと思いながらママさんがお客さんに対して

「ありがとうございました」

というその「ありがとう」という言葉というのは、

 

心では早く帰ってもらいたい、

 

やっと帰ってくれた、

でも実際はありがとうと言わなくてはいけない。

そういう状態だったわけです。

 

 

このスナックのママさんの場合は、「ありがとう」と言わなくては

いけないような状態の時に、心ではありがとう、と思っていないような

過去の記憶があったのかしれません。

 

その過去の記憶が磁石となって、早く帰りたいけど帰れないような

状況を引き寄せていたのでしょうか。

もしかしたら、他にも理由があったのかもしれません。

 

でも、ありがとうというようなポジティブな言葉でも

心理的逆転を起こしてしまうこのようなケースは意外にあるように思います。

 

ここで、心理的逆転が起きている場合の注意点があります。

 

 

どんなことが起きているか、その秘密?を次回説明します。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 西部鉄道で行く時の鐘の鳴る本川越へ

  2. 遠隔言霊ヒーリングマスター講座を受講しました!

  3. 任脈の調整方法と体験談

  4. 銀座JAZZ CAFE NO BIRDに行ってきました

  5. 光輝いている写真の山本光輝先生

  6. 高ぶった神経を鎮静化してくれ、驚くことに、 不安感や苦しさが消えていま…

  7. 産土神社へ

  8. 汐留イタリア街 夏祭り 2018