お客さんに「ありがとう」と言ったけど?

本記事は2014年8月10日(日)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

前回のブログでは、ありがとうというポジティブな言葉でも、心理的逆転を

起こしてしまうことがあることをお話しました。

 

今回は、具体的な話を例にあげてみますね。

 

夜中1時に閉店するスナックのママさんが、

店を閉める30分前に酔っ払いのお客さんが来ました。

よりによって、常連客です。帰って下さいとは言えません。

 

あともう少しで帰るところだったのに、

参ったなーと思いながらも常連客なので、

なおさら相手をしなくてはいけません。

 

明け方になってやっと帰ってくれたのですが、

その時に、やっと帰ってくれたと思いながらママさんがお客さんに対して

「ありがとうございました」

というその「ありがとう」という言葉というのは、

 

心では早く帰ってもらいたい、

 

やっと帰ってくれた、

でも実際はありがとうと言わなくてはいけない。

そういう状態だったわけです。

 

 

このスナックのママさんの場合は、「ありがとう」と言わなくては

いけないような状態の時に、心ではありがとう、と思っていないような

過去の記憶があったのかしれません。

 

その過去の記憶が磁石となって、早く帰りたいけど帰れないような

状況を引き寄せていたのでしょうか。

もしかしたら、他にも理由があったのかもしれません。

 

でも、ありがとうというようなポジティブな言葉でも

心理的逆転を起こしてしまうこのようなケースは意外にあるように思います。

 

ここで、心理的逆転が起きている場合の注意点があります。

どんなことが起きているか、その秘密?を次回説明します。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. お金と愛の交換

  2. 「知っていると思った瞬間、進化が止まってしまう」マインドセット

  3. キネシオロジーの精度を高める3つの前準備

  4. 田無神社本殿見学とアクセスボディ

  5. 人間関係の4つのマトリクスって?

  6. 人間の中にある3つの人格【人間脳】

  7. 自宅でセルフ膜宇宙療法 【動画紹介】

  8. 弥永英晃さんの新刊「薬に頼らずラクになる やさしいうつの治しかた」