4種類の学習タイプがそれぞれ〇〇になっている

本記事は2014年9月7日(日)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

前回の記事では、人間には4種類の学習タイプがあり、

環境や場所、立場によって変化してくるとお話ししました。

 

私は心理的逆転のプロ養成講座を学ぶ時は、

平均的に見て「どうやってタイプ」でした。

 

つまり、最初に作業の流れ、やり方などを把握して

全体像を把握するタイプなんですね。

 

なんで?とか理由やメリットよりも、最初にどういうもの

なのか、全体の流れを知りたいタイプなのです。

 

料理なんかイメージしやすいかと思います。

人間はこの4種類の学習タイプそれぞれが

「なわばり」のようなものと考えてみて下さい。

 

教育現場などで、個別に指導する時、

教えてもらう人が「どうやってタイプの人」に、

指導する側が「なぜタイプ」のメリット・デメリットを

話しても意味がないことがあります。

 

教えてもらう人が=「どうやってタイプ」という「なわばり」

教える人が=「なぜタイプ」という「なわばり」

だと思って下さい。

 

なわばり、と書くと、別にそんなことないんじゃないの?

という方も出てくるでしょうが、ここでは説明しやすいようにしているので、

例としてご理解下さいね^^;

 

文章だけだとどうしても誤解を招く可能性もあるので、

そのうち動画でもご紹介していきたいと思います!

 

教えてもらう方としては、こっちは最初にやり方を知りたいのに、

なんで教えるこの人は「メリット」とかどうでもいいこと

話してるんだろう?と思ってしまいます。

 

私がまさにそうでした。

育った環境にもよるでしょうし、

その方の個性や性格もあるでしょうし、原因は分かりません。

 

誰かに教える立場になった時、

最初にこの4種類のタイプのどれであるかを

聞いてから、教えることもありました。

 

それはそれで良かったです。

なぜなら、最初にお互いのことを少しでも

理解してから、仕事に臨めるからです。人にもよるでしょうが・・・

 

 

私の場合になりますが、「なぜタイプ」の人が苦手だった

原因となった記憶を以下に記事にしています。

気になる方は読んでみて下さい。

 

「何でですか?」と言われると不快に思う人、いませんか?

 

なぜタイプもそうですが、過去のある時期、何人かでひそひそ話をしている時、

「何なにぃ?何やってるの?何話してるのぉ?」

という大きな声でやってくるタイプも苦手でした^^;

 

本当に苦手な人だらけでした^^;

でも、その言われた言葉が気にならなくなるだけでも、

不快な人がどんどん少なくなっていきました。

 

数年前は、自分にとって不快な言葉を言われると

もうその人全部が嫌いになってしまったことがありました。

 

でも、言葉=その人って思ってしまうのは誤解であることがあります。

まずは不快な言葉を少なくしていくことで、

会話がスムーズになり、結果として人間嫌いがどんどん減っていったことがあります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. 陰陽五行と内臓の関係

  2. 『心理的逆転現象』が起きている時に陥りがちな魔の数分間の秘密②

  3. 骨折した箇所を加速度的に修復する方法

  4. 山を登っているか、山のふもとにいるか、確認する方法

  5. 自宅でセルフ膜宇宙療法 【動画紹介】

  6. 『ありがとう』という言葉で心理的逆転現象が起きているとどうなるか?

  7. ファスティング 水谷哲朗さん&西嶋盛彦さん&齊藤秀行 特別マル秘対談 …

  8. 「知っていると思った瞬間、進化が止まってしまう」マインドセット