メタミュージックとゲートウエイ

本記事は2013年後半から2014年前半にかけてアメブロで新規に書いた記事なのですが

ヘミシンク関係は2008年7月~に集中的に行っていたので、その時期に投稿しています。

 

2008年7月から開始したヘミシンクの日記から抜粋し、

現在の私の視点を追加した記事を書いているシリーズです。

日記もいよいよ後半に入ってきました。

 

ゲートウエイにも慣れてきたのか?体験しているフリにも限界が出てくるので、

もうしばらくすると、フォーカス21よりもさらに上にいくヘミシンクCDを購入して実践していきます。

ノウハウコレクター全盛期でしょうか^^;

 

今回の記事は、ヘミシンクを聞いていた

【2008/12/27~31日記より】

当時の日記から転載しています。

 

まず、当時のヘミシンク日記を抜粋します。

 

2008/12/27~31 メタミュージックとゲートウエイ

23日に購入したメタミュージックやマインドフードが27日に届いた。

今回購入したのは以下の10点。

・Higher

・Hemi-Sync Meditation

・The “SO” Chord

・River Dawn

・ディープ10リラクゼーション

・Angel Paradise

・Surf

・Touching Grace

・Masterworks

・Emergence

 

Masterworksは聴いていると他に何もしたくなくなり、というか聴き入ってしまうような感覚があった。

傑作というタイトルの通り、ボーっとしていると宇宙からインスピレーションのようなものが

突然訪れるような予感がする音色である。

 

River Dawnを聴いてみた。ピアノの音色が非常に美しく、聴いているとうっとりして

リラックスできるのでかなり気に入った。メタミュージックで一番いいかも。っていうくらい良い!!

 

次にThe “SO” Chordを聴いてみた。宇宙的な音ということで、ずっと振動しているような

感じの音?曲?である。たまにゲートウエイでよくあるピンクノイズみたいなのが聞こえたりした。

寝る前にもう一度聴いてみるとさっき聞こえたピンクノイズが今回は聞こえなかったり、

別な音に聞こえたり、何回か連続で聴いてみるとまた違う音が聞こえてくるかもしれない。

 

続いてTouching Graceを聴いた。出だしからエンヤっぽい宗教音楽のような感じがした。

一人暗い部屋で聴いていると怖いかもしれない。

今回は明るい部屋で聴いたが、最初椅子に座って聴いていたが、なぜか急に眠くなり、横になった。

目を閉じると何かが出そうな感じもして思わず目を開けてしまうが、

でも眠気が襲ってきて目を閉じたくなる、そんなCDであった。

 

夕飯を食べて9時には眠くなり、寝ながらHigherを聴いてみたが、案の定すぐに寝てしまった。

 

Angel Paradiseだけ聴いてみた。ハープ?の音色がメインで聴いているとうっとりして眠くなってくる。

これは寝る前に非常にいいかもしれない。安らかに眠れそうである。

 

Emergence (覚醒)で頭がよくなる系の一つで創造性の向上が効能の一つとなっていた。

自分に一番ないもので、創造性を向上させたいと思っている。

この音楽は今までに聞いたこともないような感じの音で、まさに新規開拓、というか

創造性を向上させてくれるような音楽であり、今後が楽しみである。

 

寝る前にはディープ10リラクゼーションを聴いてみたが、ゲートウエイみたいに

最初からヘミシンク効果があるような感じであった。

聴き始めた当初のオープニングザハートみたいにものの5分以内に寝てしまったようである。

 

2008/12/31(水) ゲートウエイ全巻復習

今年最後の日はのんびりしようと思う。

朝7時には目覚めたので寝起きでゲートウエイの第6巻を今日は全て聴こうと思う。

 

まずは1枚目。あまりいい目覚めでなかったせいか、

今日は両手からエネルギー体が流れる感じが前よりも弱かった。

というか寒くて集中できなかったというのもあるかもしれない。

というのを言い分けにしておこうと思う。

 

朝昼兼用ご飯を食べて午前中はメタミュージックのHemi-Sync Meditationを聴きながら読書。

藤崎ちえこさんの『魂の帰郷』を読んだ。ヘミシンクの先駆者のような方の一人で医師でもあり、

小さい頃から不思議体験もしているそうだ。

 

文章が非常に自分にとってしっくりくるような感じで分かりやすくていいなと思った。

Hemi-Sync Meditationはメタミュージックかと思ったらマインドフードで無音であったが、

なんとか集中力はキープできたかなと。

続いてSurfも聴いたが波の音が中心でこれも寝る前にリラックスできていいかなと思う。

ヘミシンク前に落ち着いていない時なども聴くといいかもしれない。

 

 

午後は続けざまに第6巻の2、3枚目を聴いた。

途中非物質の友人のとこでは眠気がひどく半分以上寝てしまっていた。

3枚目のフォーカス21に行くときには、まるの日カフェを想像してみようと思ってやった。

無理やり自分で空想しながらフォーカス12からエレベーターに乗り、まるの日カフェで

コーヒーを注文して、無理やり亡くなったおばあちゃんを連れてきて、というのを想像した。

 

でもフォーカス21の状態では、理由も無しになぜか涙が込み上げてくるような感覚もあった。

そこで亡くなった兄貴も無理やりイメージし、自分の勝手にあっちでも元気にやっている、

というのを空想の会話をすることで思い出し泣きとでもいうのだろうか、なんだか暖かい気分になれる。

 

フォーカス21には愛のエネルギーがあるのだろうか。

フォーカス21フリーフローが終わった後のガイダンスにもあるように、

亡くなった人を思い出すだけでいいのです。という言葉が非常に心に残る。

 

確かにそうかもしれない。ありがとうを唱え始めてからちょうど100万回ピッタリ達成!

ありがとうを唱え始めてからはびっくりするような幸運も数々あったが、

何よりも一番大事なのは家族全員が健康に平穏無事な日常生活が送れたこと。

これが一番大きな普通の出来事なのかもしれない。

約1年半ほどかかったので、来年は1年間でありがとう100万回を目指してみようかなと思う!

 

 

2013年後半から2014年前半にかけてアメブロに書いた当時の所感

メタミュージックをまた新たに何枚か購入しまして、

冬休みに全て聞いてどんな感じのCDかを感想書いています。

 

聞いた瞬間にすぐにシータ波になれそうなくらいリラックスできるCDでとても好んで聞いていました。

 

中でも一番気に入っていたのは、RiverDawnでした。

人によって気に入るCDは違うと思いますので、購入するのであれば、

サンプルを聞けるような、きちんとしたHPを見て購入することをお勧めします。

 

ゲートウエイも丸一日かけて聞いていたほど、当時はヘミシンクに没頭していました。

年末最後なので、のんびりしようかなと書いているわりにはゲートウエイシリーズを

フォーカスレベル全て聞いていたようです。

全て聞くのに、相当時間がかかったように思います。

 

はまると一日に何時間でも集中してしまうので、周囲が見えなくなっていました^^;

一人の世界に没頭するタイプなのは、今でもそうかもしれません。

 

「ありがとう」という言葉も1年半かけて100万回と書いてありました。

私はてっきり3年くらいかけたように思いましたが1年半だったようです。

自分でも感心するほど、呆れてしまうほど?よくやっていたなと思いますね^^;

 

何度も何度も書きますが、妄想でもイメージすることが呼び水となって良いと、

色々なブログ記事から学んでいました。

 

中には、ちょっとその考えは否定的なのかな、というものもありましたので、近々ご紹介しますね。

イメージが呼び水となるという考え方を肯定する意見と、

否定する意見を両方一度受け入れてみることで、客観的に判断できると思います。

 

どちらかを選ぶのは、ヘミシンクを実践する方本人ですね^^

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. 親戚のお家で体外離脱

  2. ヘミシンクフォーカス21 共同探索

  3. 初めて買ったヘミシンクCD

  4. 2009年2月11日~2月20日ヘミシンク日記より

  5. 2009年2月21日~2月27日ヘミシンク日記より

  6. ヘミシンク日記 2008年7月当時のプロフィール

  7. フォーカス21 まるの日カフェで兄と再会?

  8. この世とあの世の境 ヘミシンク『フォーカス21』初体験