2010年8月8日 心理的逆転現象解除・調整セミナー初体験②

本記事は、2013年4月5日(金)のアメブロ記事を転記、加筆修正したものです

口癖が現実を作る、とは本当にその通りだと思いますが、大事なのは

口癖と一緒にどんな感情、どんなエネルギー状態であるか、そこが一番大事だと思います。

 

以下、当時のアメブロ記事より

1週間ぶりに会社に行ってきました。

いやー、今まで寝てばっかりいたから体が重い重い^^;

まだ咳が止まらない状態です。

ハートチャクラが開いてきたから、いよいよ喉のチャクラが開き始め、

表現力に磨きをかけていくように思います。

と勝手に解釈しています。

 

あ、トラウマと心理的逆転現象を解除・調整する西東京市のサラリーマンセラピストの秀坊です。

前回のブログでは、私の仕事上の口癖

「やっべー、またやっちったー」

のトラウマが、5歳の頃の体験であるということが分かりました。

 

次に、人物を特定していきました。まずは人間関係のオリジナルといえば両親です。

父、母、と調べていきました。どちらも反応が出ません。

私には8歳年上の兄がいたのですが、兄?と聞いてみると。

すとーーーーーーん!

と腕が下がりました。

これで、5歳の時に兄が原因だという、2つの答えが出てきました。

植田孝院長から、「5歳の時にお兄さんとの関係で思い出す記憶はありますか?」

と聞かれまして、私はなぜかその時に

あーーーー、そういえば、この頃って、プロレスが流行っていた頃で、

体力のある中学1年生くらいの兄が、プロレス技を磨きたいということで

当時5歳の私がプロレスの練習台になっていたことを思い出したのです。

それで、その頃の代表的な記憶を維持モードにして、体に聞いてみました。

これはオリジナルのトラウマですか?と。

すると、「はい、そうです。」という結果でありました。

維持モードになっているので、ある感情解放テクニックで

その当時の記憶を解放していきました。

数分後、

「このオリジナルのトラウマはもう解決しましたか?」

と聞いてみます。

すると、きちっと腕に力が入り、このトラウマは解決されたようです。

え?こんなにあっさりトラウマってとれちゃうものなの?と思いました。

実際、この時に解放したトラウマによる口癖を

このセミナー後数ヶ月くらいで、いつの間にか言わなくなっていきました。

これは本当にびっくりました。

 

そっか、ネガティブな口癖が、ネガティブな現象を引き寄せるんだ、

と何となく分かり始めた頃でもありました。

 

この感情解放テクニックですが、秀坊さんのセッションを受けると

一人でも出来る感情解放と心理的逆転現象の解除調整方法の資料をプレゼントします。

これが出来るようになると、自分だけでなく、自分にとって大切な人を癒せるようにもなります。

 

次回は、トラウマと心理的逆転現象の違いに関して説明します。

関連記事

  1. 陰陽五行概論

  2. ストレスを感じた時の肉体と脳の反応

  3. 人間の中にある3つの人格【フリーズしてしまう哺乳類脳の秘密とは?】

  4. 多次元的解剖学【アストラル体】

  5. 4種類の学習タイプ

  6. POCO A POCOって聞いたことありますか?

  7. (要写真追加)荻窪の整体師 徳田和久さんのハンドヒーリングを受けて

  8. 目標を唱えるアファメーションの罠