親戚のお家で体外離脱

本記事は2013年後半から2014年前半にかけてアメブロで新規に書いた記事なのですが

ヘミシンク関係は2008年7月~に集中的に行っていたので、その時期に投稿しています。

 

2008年7月から開始したヘミシンクの日記から抜粋し、

現在の私の視点を追加した記事を書いているシリーズです。

 

ヘミシンクをはじめたばかりで数ヶ月間は何も体験がないとか

そういう人もいるかもしれませんね。

 

でも、今やり始めた方は是非ともマイペースでも続けてみてくださいね。

ヘミシンクを聞いてる時以外の日常生活の中で、何らかの変化を感じることができると思います。

 

今回の記事は、ヘミシンクを聞いていた

2008/12/26(金)

当時の日記から転載しています。

 

13日夜中に初めて体外離脱してから約2週間後、

今度はよく遊びに行く親戚のお家で意識が抜けました\(◎o◎)/!

 

まず、当時のヘミシンク日記を抜粋します。

 

2008/12/26(金) 親戚のお家で体外離脱

今週は23日が祝日で休みだったので22日夜に実家に帰り、23日にクリスマスの

トリモモを食べて夕方に帰宅したということでバタバタしており、

また24、25は久しぶりに晩酌をしてしまい、ヘミシンクは小休止していた。

 

今年の冬休みは世界的な不景気のせいもあって、12/26~1/3の9連休で

1/4が工場休止ということで有休にし、10連休という何年ぶりの長期休暇になった。

 

今年は実家でのんびり大掃除とヘミシンク、読書して過ごそうと思う。

初日の今日は親戚のお家にお歳暮を持ってお泊り会に行った。

実家が肉屋なもんで、毎日肉系ばかりになるので、この日は魚系ばかりでとてもありがたかった。

 

従兄弟も元気そうでよかった。夜7時から10時半近くまで4人で飲み食いし、

自分が一番眠そうであくびばかりしていたところにおばさんが、あら眠そうだから寝たら、

ということで遠慮無しにそのまま布団へ。

 

 

日付は次の日になっていたが、夜中にトイレに起きた時、まだ3時半くらいであった。

ちょっと携帯を見てウトウトし、いつの間にかまた寝てしまったが、

眠りは浅いせいか目の前に青空の中に月なのか太陽なのか、星なのか、が現れ、

その星みたいなところに蒼いプラズマのようなものが刺さって?いるような感じで

視界からどんどん上に上がっていくので視線を上に上げていくと、

また抜けそうな感じがして意識だけ抜けて部屋をぐるぐるとこの前みたく回り、

いつの間にか元に戻っていた。

 

ジェットコースターみたいな感覚で面白いが、何の意味があるのか謎の体験である。

 

2013年後半から2014年前半にかけてアメブロに書いた当時の所感

当時の文章を読み返すと、一文がやたら長いですね^^;

読みづらくてすみませんが、生々しい体験を何とか文字にしようとしているので、

そのまま抜粋しています。

 

2回目の体外離脱ということで、ジェットコースターみたいに楽しんでいる自分がいました(o ̄∇ ̄o)♪

ヘミシンクを2008年7月末からはじめて、12月末までの5ヶ月間で、

2回も体外離脱を体験できたのは自信になりました。

 

ヤフーブログのヘミシンク日記は2009年の4月上旬までしか書いていませんが、

2010年最初の頃まで聞いたり聞かなかったり繰り返していました。

 

毎日やらなくても良い、というか、毎日やらないほうが良いこともある、

という記事も読んだりしていました。

 

なぜかというと、脳の特性の一つのようです。

脳には一度に多くの情報をインプットしたら、整理整頓する時間が必要とのこと。

 

ですので、時間を置くというのも必要なようです。

そこで、ある程度集中して聞いたら様子見をする、など色々なパターンも試してみました。

「毎日ヘミシンクやらなければ」と思っている方もいましたら、気楽に考えてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. ゲートウェイ エクスペリエンス WAVE4、5

  2. 2009年2月21日~2月27日ヘミシンク日記より

  3. 新居に引越し後のヘミシンク日記

  4. 初めて買ったヘミシンクCD

  5. 時間が存在しないフォーカス15

  6. ヘミシンクとは?

  7. フォーカス21 まるの日カフェで兄と再会?

  8. ヘミシンク正規販売代理店に体験談&色呼吸