はじめに言葉ありき

本記事は2014年10月22日(水)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

光回線になって、ネットが速くてノンストレスですわ~^^

 

言霊ヒーリングで、身体の歪が調整され、

心身ともにバッチリな感じです(^◇^)

 

背骨のラインが整って、チャクラも活性化し、

スピリットからのエネルギー

地球からのエネルギー

頭と体のエネルギー

これらも同時に活性化されたタイミングで、インターネットも高速回線になりました。

現実世界と仮想世界もリンクしてバージョンアップしているようです^^

 

月末にかけてWiFiの速度制限も気にする必要もなくなったので、

言霊の知識をさらにスキルアップするために、

斎藤一人さんの言霊に関するYouTube動画を見ています。

 

斎藤一人さんのYouTube動画はこちら

 

 

動画の中で、「はじめに言葉ありき」っていう

聖書の有名なフレーズを話していました。

 

このことから、言葉がいかに大事かということを話しています。

嫌なことを一回でも言うと、もう一度そのセリフを言いたくなるような現実になります。

 

これは、口癖が現実化を作ると言う意味ではよく分かりますし、

こちらの過去メルマガを読んでいただくと、

トラウマと心理的逆転、引き寄せの知識が入るでしょう。

 

でも、嫌な言葉を発しないように感情解放したとしても、

現実世界では、今までと同じように嫌なことが起きることも、もちろんあるでしょう。

嫌な現実も、軽いレベルだったら、もう気にならなくなるでしょう。

 

問題は、ちょっと大きなレベルの嫌なことがまた起きた時、

それをテストだ、試験だ、と思えるようにすることが大事だと、

動画の中でも話していました。

 

 

これは、自分自身にも当てはまるなと思って、

忘れないうちにアウトプットしておこうと思いました^^;

 

確かに、今まで30年年間も嫌な現実を引き起こす言葉を使っていたわけですから、

たった数日、数週間、嫌な言葉使いをしなくなったからといって、

急に現実世界が変わるわけではないでしょうし。

 

こういったことはゆっくり変わっていけばいいかなと思います。

でも、と同時に、なかなか変わらない人、

行動しない方についても、とても面白いことを話していました。

 

次回ちょっと私なりに色々学んできた内容で、

なかなか行動しないタイプ(以前の私ですが・・・)の

言葉使い、脳の特徴などをお話ししたいと思います^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. 4種類の学習タイプ

  2. 無極から陰陽五行へ

  3. 目に見えない世界を信じることは〇〇を信じること?

  4. 【閲覧注意】下手物初体験!

  5. キネシオロジー① (概論)

  6. 袋田の滝へ行ってきました☆

  7. 田無神社例大祭

  8. ユダヤ人大富豪の教え『人間関係の4つのマトリクスと私(前篇)』