田無神社本殿拝殿特別拝観の日程

本記事は2016年11月23日(水)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

すっかり寒くなってきましたね^^;

30歳くらいまでは12月まで半そででも平気だったのですが

今はダメダメちゃんです。。。

さて、今日は田無神社の本殿特別見学会があります。

11月のこの時期だけですので宜しかったら是非ご参加下さい!

昨年は3回出席し、今回も3回出席するかもしれません^^;

以下の青字は田無神社HPより抜粋です。

11月4日(金)と、大酉祭が催行される2日間

(11月11日(金)、23日(水))に、

本殿・拝殿の特別拝観を行います。

田無本殿は東京都指定の有形文化財です。

江戸後期の安政五年(1858)に江戸より名工・島村俊表を

招いて本殿を作りました。

島村俊表は川越氷川神社本殿・鷲神社にも彫刻を

施していて現在に伝わっています。

その中でも田無神社本殿は俊表の神髄を極めたと

言っても過言ではありません。

梁・欄干・柱・桁を始め正面御扉・木鼻・腰組・階段に至るまで

総彫り物づくしであり、見る物をして感嘆させるものです。

本殿は文化財の指定時より火災を防ぐ等の目的の為、

覆殿を以て覆われていて外よりは見ることが出来ません。

一般の方が覆殿に入る事が出来るのは

1年でこの行事の時だけです。

是非足をお運び頂きまして江戸の彫刻の粋をご覧下さい。

神職が彫刻等の解説やこのたびの震災による被害の説明を致します。

※ 各回15分から20分でお巡り頂きます ご予約は必要ございません

日程

11月4日(金)18時〜20時

11月11日(月)18時〜20時

11月23日(土)18時〜20時

11/22朝8時半の田無神社本殿ご神木です。

このご神木は樹齢110年くらいと言われています。

唯一のオスの銀杏で、神社内で一番最初に黄色くなり、

精子を放出し、周囲のメスの木が実をつけます。

アメブロ写真より抜粋(本殿横のご神木)

 

ご神木を違う角度から撮影しました。

今現時点で黄金色に輝いているようです^^

雨上がりでしたが綺麗でした。

 

ご神木からの嫁さん写真

 

11/22早朝に福島で大きな地震がありましたね^^;

とても驚きました。結構揺れましたので

普通に生活できていることへの感謝とともに

いつもの神社開運法をお祈りしてきました。

また、入籍記念日でもあったので、6年間無事に

過ごせたことへの感謝をお祈りしてきました。

私が実践している神社の祈り詞があります。

それは

「神社に感謝を捧げ、神社の開運」

をお祈りすることです。

神社って自分のお願いごとをするところじゃ?って

思う方もいらっしゃると思います。

私も以前はそう思っていました^^;

11/22夜にヒーリングの師匠である江原竜二さんの瞑想会に

参加して、そこで竜二さんからも神社参拝に関してお話が

あり、とても旬だなと思ったので、こちらでも私の知りうる情報を

シェアさせていただきます^^

2014年8月に産土神社をリサーチしていただいた

開運アシストの藤井みかさんからいただいた

リサーチ結果の中で、ある本が紹介されていました。

それがこちらです。

山田雅晴さんの本の写真

藤井みかさんの師匠である山田雅晴さんです。

この本の中に書かれていることを実践しています。

神社の開運の祈り詞とともに次のように参拝します。

2礼2拍手1礼をしてから

目を開けてハートの中心から次の言葉が

放出するかのように唱えます。

こんにちは、齊藤秀行です。

(初めての神社でしたら齊藤秀行と申します)

お陰様でありがとうございます

わが鎮守(産土)の大神さま、大好きです。

宇宙の大いなる意志、大調和に基づく天命もちて

とってもありがたいわが鎮守(産土)の大神さまをはじめ

田無神社の大神さま、仏尊さまの一霊四魂の

いやますますのご開運をお祈り申し上げます

これを唱えたあと、

2礼2拍手1礼します。

この時、私はハートの奥から心を込めて

ニュートラルな状態で意識して唱えるようにしています。

この祈り詞で神社の大神さまが元気を取り戻してくるそうです^^

詳しくは神社開運法の本にも載っていますので

興味のある方は参考にされて下さい!

また、山田雅晴さんはこちらの黒住宗忠さんの参拝方法に

出会ってから人生が好転されたそうです。

こちらの本もまたスゴイことたくさん書かれてますよ^^;

荒れた海を航海している時に、海にとある言霊を書いた紙を

投げた直後、海は穏やかになって難を逃れたそうです。

実話だそうですよ!スゴすぎてびっくりなことたくさん書いてます。

 

黒住宗 本写真

最初は目を開けて参拝するってしたことがなかったので

違和感がありましたが、今はこの参拝方法、祈り詞が

しっくりくるようになりました^^

産土神社、田無神社氏神様、実家の氏神様でこの祈り詞を

唱えてから丸1年以上経過しますが

空気感がキレイになってきていると感じています^^

ご神木の近くに七五三用の写真スペースが出来ています。

 

ゴレンジャー写真

本殿見学する時にいただける資料です。

正殿内のエネルギーはやはりスゴイですよ!

 

本殿見学ハガキ写真

 

手水舎の近くに鳥居があったのですが

311で倒壊して修理していたようです。

最近修理完了していました!

第二の鳥居夜写真

本殿見学は20分、境内見学20分ってとこでしょうか。

境内は宮司の賀陽さんが案内して下さいます。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございますm(__)m

 

関連記事

  1. なぜイメージは潜在意識に記憶を定着しやすいか

  2. 山を登っているか、山のふもとにいるか、確認する方法

  3. 産土神社へ

  4. (要写真追加)荻窪の整体師 徳田和久さんのハンドヒーリングを受けて

  5. 東京国立博物館 支倉常長の特集

  6. ハリー山科さんの膜宇宙療法&天城流湯治療法の勉強会に参加しました!

  7. 他人の視線、気になりませんか?

  8. 田無神社例大祭