アクセスバーズとアクセスボディの違いは何ですか?

本記事は2016年9月14日(水)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

昨年アクセスバーズのプラクティショナーを取得して

もうすぐ一年になろうとしています。

 

アクセスバーズは昨年秋にかけてかなりのモニター様にご協力いただきました。

 

11月末にはアクセスボディMTVSSとフェイスリフトの

2つのプラクティショナーを取得した後、

今年からはアクセスバーズのお客様がアクセスボディと併用されたり

アクセスボディのみ受けて下さるようになりました。

 

お話を聞くと、アクセスバーズを何回かやってみましたが

元に戻ってしまうような感覚があったそうです。

 

アクセスバーズを何回もやっても効果があまり見られない方は

是非アクセスボディも受けてみることをお勧めします。

 

最近多い質問としては、アクセスバーズと

アクセスボディの違いは何ですか?という御質問です。

アクセスバーズの説明動画はこちらをご覧下さい。

 

 

 

最初アクセスバーズを受ける方が途中からアクセスボディに

切り替わっていく方も結構多いです。

 

アクセスバーズを何度受けても元に戻ってしまう傾向のある場合、

アクセスボディのMTVSSはおススメです。

 

アクセスバーズは脳のデトックス

アクセスボディMTVSSは全身を緩ませる

そんな効果があるかと思います。

 

従来では、脳で指令をしてから体が行動すると

いう見解が多かったのではないかと思います。

 

最近の研究では、実は体が先に動いてから

あとから辻褄をあわせるように脳が指令を

ほんのちょっと遅れて出しているというのです。

 

サムスカーラシュッディも体の懲りなどに意識を集中させて

ただ観ているだけでだんだん緩んでくる浄化の瞑想法だと思いますが、

体にアプローチするという点では似ているかもしれません。

 

今年に入ってから、私自身も肉体面の調整に力を入れています。

自分では自分のことを分かっているようで

分かっていないようなところがありますので、

セラピストである現在も信頼できる方の

個人セッションは受けるようにしています。

 

自分自身のクリアリングもきちんとしています^^

 

アクセスボディの解説はこちらの動画をご覧下さい!

 

私の最近の見解ではアクセスボディMTVSS、

アクセスバーズを両方最大で90分ほど受けるのが

一番ベストなような感じもしています。

 

アクセスバースの施術内容はこちらをクリックして下さい。

アクセスボディの施術内容はこちらをクリックして下さい。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございますm(__)m

 

関連記事

  1. 山本光輝先生と保江邦夫先生の対談本をいただきました!

  2. 1年に1回正殿見学のできる田無神社の大酉祭

  3. 今回は、 「神様とお話しすることができました。」

  4. 久しぶりの鎌倉巡り

  5. サムスカーラシュッディの事例

  6. 【閲覧注意】下手物初体験!

  7. なぜイメージは潜在意識に記憶を定着しやすいか

  8. ワン・コマンド プラクティショナーのワークショップ