陰陽五行が出来るまで!陰陽の前は何だったか?

本記事は2013年6月9日(日)アメブロから転記、加筆修正

苦手な人から言われた言葉がいつまでも 頭に残っている

あなたを楽にする方法 西東京市のセラピスト齊藤秀行です。

 

今回は、

「陰陽五行が出来るまで!陰陽の前は何だったか?」

について、お話したいと思います。

 

 

陰陽五行図

陰陽五行図は、12経絡循環図でも解説したように

どこかで見たことがある人も多いかもしれません。

 

 

陰陽図

この「陰陽五行」の最初は「陰陽」の図であります。

これもどこかでお目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

陰陽ができる前は?

では、このもっと前、つまり、陰陽の出来る前はどうだったか?

陰陽というのは、「陰」と「陽」が対極するものであります。

陰陽が出来る前は、対極するものが無かったと考えます。

つまり、「極」が「無い」わけなので、「無極(むきょく)」と言います。

または、「虚空(こくう)」とも言います。

 

禅寺などでは、この「無極」とか「虚空」を「中空の円」つまり

こんな感じで、ただの丸(円)で表現したりします。

人間の描写できる範囲を超えているため、中空の円で表していると言われています。

 

 

 

ふすまや掛け軸などに筆で「○(丸)」が書いてあるの、

見たことある方もいるかもしれません。

 

あれはまさに、「無極」を意味しているのです。

そして、無極とは、「何も無い」、ということではなく、

「プラスもマイナスも、まだ区別できる前の、ただそこに存在するだけ」

の世界を意味しているのです。

 

プラスとかマイナスとか、陰とか陽とか、まだ対極するものが全くないというわけではなく、

ただそこに存在するだけの世界です。それを「無極」と言います。

 

そして、無極から放射されたエネルギーが、この現象界、つまり地球のような

3次元の世界へ転写された最初のものが「陰と陽」です。

これが後に陰陽五行へと発展していきます。

 

次回は、陰陽五行へどうやって発展していったか、についてお話したいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 昭和記念公園の銀杏

  2. 通勤時間を有効活用していた動機

  3. 秋山光生さんによる仙人呼吸法で無の境地、創造主を体感、神意識とハグをす…

  4. 日本列島の龍の手の爪に位置する安房国一宮 安房神社

  5. 『ありがとう』という言葉で心理的逆転が起きていたトラウマとは一体何だっ…

  6. ワン・コマンド プラクティショナー ワークショップ

  7. サンマリノ旅行Ⅱ サンマリノ神社3周年記念祭り

  8. 田無神社例大祭で猿回し