東京国立博物館 支倉常長の特集

本記事は2014年5月5日(月)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

ずいぶん暑くなってきたようになったと思ったらまた急に冷えたりします^^;

しかも今朝は東京は地震で目覚めました。でも、被害も少なくて安心しました^^;

揺れたら「まんざいらく まんざいらく」と唱えるといいようですよ!

 

今日はテーマとは全然関係ない美術、芸術関連の話です。

私たち夫婦は美術館や博物館によく行ったりしています。

 

ずいぶん前になるのですが、2月中旬に東京国立博物館に行ってきました。

目的は、支倉常長の特集を見に行くことでした。

 

400年以上前に、当時飛行機もなく、

船だけでヨーロッパ人が日本に来てから、交流が深まったそうです。

日本からは支倉常長が航海しに行ったというので、私は初めて知りました^^;

 

 

黒船時代よりももっと前じゃん?と思ってびっくりしました。

船だって今よりももっと古いでしょうし(当たり前ですが)

小さいでしょうし、結構途中で亡くなった人も多いみたいです。

 

国立博物館は写真OKなところと写真NGなところがありました。

 

色々な芸術品だけでなく、なぜか仏像などもおいてありました^^

今回OKなところで、支倉常長以外にうちら

夫婦の目に留まったのがこちらです!

 

 

宇宙人みたいです。説明書きはこちらです。

 

 

縄文時代のようですが、縄文土器なんですかね。

 

 

写真撮影可能だったので、夫婦で撮影してもらいました。

PCで拡大してみましたが、特に霊とか写ってませんでした^^;

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. 日本の神様の日

  2. 【伝説の合宿】初日での気づき

  3. ワン・コマンドの秘密

  4. 第14回 惠里子さん・真喜子さんの会 in 東京

  5. ウオークマンで〇〇を聞きながらウオーキング

  6. 不快な感情を変える解釈法?

  7. 心理的逆転が起きていたポジティブな言葉とは?

  8. 頭頂部から光が降り注いだ物が手の平から私の身体にドンドン入ってくる感覚…