魂の古い約束を果たしに高野山へ

ワードプレスブログの「サーニアン」カテゴリーに関して

2019年11月22日以降、サーニアンに出会ってからの振り返り記事を忘備録を兼ねて書き始めました。

サーニアンのエネルギーを体験する会や私自身が個人的に申込した体験会以外での

サーニアン個人セッションのチャネリング音声などアップします。

 

チャネリングメッセージは私自身の個人的なことや今後の活動のことも含まれるので

全てを全員に公開はいたしません。一部をパスワードをかけておくことがあります。

 

パスワードはメルマガ読者さまに公開していきます。

サーニアンに対して興味があり、私自身を信頼してくれている方、セッションを受けて下さった方、

こちらのメルマガに登録してみて下さい!

 

 

真喜子さんの会チャネリングメッセージ(2018年3月26日)

本記事は2018年3月26日に体験した記憶を2021年2月5日現時点の視点から、

忘備録を兼ねて過去を振り返りながら書いております。

そのため、ブログ投稿日時を当時(2018年3月26日)にしております。

 

真喜子さんの会に参加して、チャネリングメッセージ当選しまして

その時のチャネリングメッセージになります。

 

 

公共機関で移動中に本記事をご覧の方もいるかもしれませんので、

チャネリングメッセージを文字起こししてみます。

(全ては聞き取れてませんが、ご了承下さい!)

 

 

今の私に必要なメッセージをお願いします、

という私の質問に対してのチャネリングメッセージです。

 

そうですね、前回お伝えした通りに、まあご自分のタイミングで高野山に行っていただいて

そして一番汚そうなところですね、そこの空間浄化をしていただく、ですね。

これによってご自分はご先祖様ですね、ご先祖様に対するワークにもなります、自動的にですね。

 

そしてご自分の場合も、やはり以前お伝えした通りに、ふるーい約束ですね、

むかーしからやろうと思っていたこの約束、これを果たすことになります。

 

ので、まあ、あんまり間をおかずにですね、例えば来年行こうかな、ではなくて

できたら今年中に行っていただければと思います。(お腹のぐーっという音)

 

そして、この空間浄化をする時にですね、そうですね。

先祖のためにーとか思わないこと

それから、ここの汚れを取るぞーと思わないこと

 

そうではなくて単純に、まあ、わたくしどもサーニアンにですね、

一番良い形になるエネルギーをください、これでもう十分です。

 

これ一番良い形というのは、場所ですね、それから関係者全員ですね。

関係者全員ですから、ご自分も含まれます。それから先祖も含まれます。

そんな感じで、あれこれリクエストする必要ないです。

 

そして、ちょっとゆったり構えてやっていただければと思います。

 

すぐに始めるのではなくて、場所に着いて、

ここが一番汚そうだからここでやろうかな?

って決めたときに、2、3回深呼吸をして、そして落ち着いてから始める。

 

終わった後も、2、3回深呼吸をして、落ち着いてから普通の状態に戻る。

ということをされてください。

 

今お伝えする一番大切なメッセージは以上でした。

 

チャネリングメッセージの文字起こしは以上です。

 

 

真喜子さんの会の前に産土神社さまへ挨拶

真喜子さんの会に参加する前に母親と産土神社さまへ参拝しました。

 

 

夜には真喜子さんの会に夫婦で参加の予定です。

 

 

翌日は那須塩原市のヒーラー仲間と神社ミッションに行くので

その挨拶も兼ねて産土神社さまへ行きました。

 

 

横から見た産土神社さまです。正式にリサーチしてもらってから

何度行ったか、把握してません^^;

 

 

来年にしようと思っていた高野山、ズバリ的中!

2018年2月23日の真喜子さんの会でのこちらの記事にも書いたように

また高野山に行くようにという内容でした。

 

実は1回目にメッセージをもらった時、両親の介護で忙しいから

高野山に行くなんて今年はまず無理だろうと勝手に諦めておりました^^;

 

ですが、今回のメッセージで、なるべく今年中に行けたらということで

今年に行く想いが強くなってきました。

本当にチャネリングって凄いなと改めて感じました^^;

 

 

さて、この時の真喜子さんの会が終了後、副業ビジネスのポイントを使って

東京大手町の高級ホテルに一泊してみました。それがこちらです。

 

残念ながら今回のホテルで、ポイントはほぼ凍結状態になり、

現時点でも使えておりません^^;

それでも飲食(2回)やホテル(3回)、新幹線(往復2回)使えたので

まだ良い方だと思います。

 

 

夜だと分かりにくいのですが、ビルの中にあるようなホテルでした。

 

 

部屋に入るともうそこは高級マンションのような感じです^^;

マンションというか、億ションでしょうか・・・

 

 

一泊二日といっても夜遅くにチェックインしたので、

もっと早く来たかったなーと思いました^^;

 

 

挨拶状でしょうか。

 

 

洗濯機に乾燥機?

 

 

台所

 

 

朝になりました。お化粧をしている嫁です。

 

 

こちら豪華な朝食で、リッチな気分を味わいました。

 

 

チャックアウト直後です。

 

 

栃木県神社ミッション(1日目)

嫁はそのまま職場へ、私は東京駅から那須塩原駅まで新幹線で移動しました。

那須塩原駅でヒーラー仲間が車で迎えに来ていただきました。

 

 

まずは那須塩原温泉神社さまへ向かいます。

 

 

一の鳥居です。

 

 

二の鳥居です。

 

 

まだまだです。

 

温泉(おんせんじんじゃ)と読むのかと思いましたら、

温泉神社(ゆぜんじんじゃ)と読むそうです^^;

 

 

本殿です。ミッション前の状態です。

御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、

少彦名命(すくなひこなのみこと)、 誉田別命(ほんだわけのみこと)です。

 

 

本殿の左横でサーニアンによる神社ミッションを行いました。

 

 

創建は第三十四代舒明天皇の御代、湯本より南方約八キロメートルの茗荷沢村の住人、

狩ノ三郎行広は、小牛ほどの白鹿を追い求め矢傷を負わせてなおも追い続けて

雪不尽山(那須岳)の麓、霧生谷(元湯付近)に至った。

濃霧に包まれ白鹿を見失い呆然として佇んでいるとき、岩上に白髪の老翁あらわれ、

「吾は温泉の神なり、汝の求める鹿はかの谷間の温泉に浴しておれり,

その温泉は万病をなおして甚だ効あり。鹿の浴するも手負いを癒さんがためなり、

汝よろしく之を聞きて万民の病苦を救うべし」 と言い終わりて消え去る。

三郎白鹿を射止め、温泉を発見して神社を建立し歳時の祭礼怠りなく崇敬の誠をつくしたと言う。

これが本神社の創建である。

以上はこちらのHPより抜粋しました。

 

こちらはミッション直後の本殿の状態です。

当時の私はメモを残していましたので当時のメモをこちらに転記してみます。

 

参道は割とキレイでしたが、本殿周辺はどんより黒い雲?

もやががかかっているような感じがしました。

本殿で挨拶した時、鈴の音が小さかったので、確認を込めて

那須温泉神社 本殿左側エリアから再度確認したところ鈴の音が大きめに鳴りました。

一度で綺麗になる感覚が弱く、右側のエリアも何となくやったほうがいい感じがしたが、

今はまだやめたほうがいいというメッセージがきた感じがしたので一か所のみでワークした。

ヒーラー仲間によると本殿の右側エリアはいわくつきの魔物を封じたエリアらしく、

山の斜面に物凄いマイナスエネルギーを感じました。

本殿周辺の黒い雲のような感じはなくなった感じがします。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

本殿の右側は神社ミッション後に現地を見たのですが

九尾の狐伝説が残る栃木・那須の「殺生石」がある場所で

異様な光景を感じました^^;

こちらに参考記事がありますので、興味ある方はご覧ください。

 

 

2社目は栃木県大田原市湯津上429に鎮座する笠石神社さまへ

 

 

神社ミッション前の状態です。

御祭神は那須國造直韋提命で、国宝のようです。

こちらネットにも色々情報がでておりまして、有名な神社さまのようです。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

ワーク前で既に全体的に明るく、心地よい感じがしました。

歓迎された感覚があり、お賽銭を入れる真正面でワーク開始

ワーク開始すぐに真後ろに気配を感じました。

ご神体?とサーニアンが協力してワークしている感じがしました。

ご神体は148センチほどの国宝の笠石です。

 

当時のメモ転記は以上です。確かに神様の気配を感じましたが

物凄く心地よくて歓迎されていたのを思い出します^^

 

 

3社目は鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)は県境が大鳥居の中央、

並びに奥の御本殿の中央を通るという全国でも珍しい神社です。(HP説明文より)

 

 

金運だんごです。買いませんでしたが、、、

 

 

神社ミッション前の状態です。

大鳥居(中央が県境)左が栃木県、右が茨城県

鷲子山上神社は、

栃木県では「とりのこさんしょうじんじゃ」、

茨城県では「とりのこさんじょうじんじゃ」と称します。

 

鷲子山上神社は、栃木県(那珂川町)と茨城県(常陸大宮市)の県境に位置し、

標高470メートルの山頂にあります。

緑深い木々に覆われ、四季それぞれの自然美をたたえています。

古来より霊峰と言われ、境内全域が現代の言葉で言われるパワースポット・スピリチュアルスポットです。

神社の創建は、大同2年(807)大蔵坊宝珠上人が諸国遍歴中に四国の阿波国(徳島県)に立ち寄り、

製紙業が盛んであることを知り、紙漉きの技術と共に守護神である天日鷲命(あめのひわしのみこと)を勧請し、

鷲子山に社殿を建立したといわれます。

その後、大巳貴命や小彦名命がまつられました。鎌倉時代末期になると、

当地方は下野国中央部を勢力圏とした宇都宮氏支族の武茂氏が統治していました。

神社はかつて朝日嶽と呼ばれる地にありましたが、天文21年(1552)現在地に再建したと伝えられています。

現在は、栃木県、茨城県の指定文化財となっています。

鷲子山上神社は、大鳥居 の中央が県境という、全国でもめずらしい神社です。また近年は、

フクロウの神社(不苦労神社)として知られ、運気上昇・金運福徳・厄難消除を願い、多くの方が来山されてます。

以上、こちらHP内の由緒より抜粋

 

 

亀の甲羅のようです。

 

 

ふくろうの石段

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

山の中にある神社といった感じで杉の木がまっすぐに

何本も立っていて、静かな神様のような感じがしました。

金持ち団子とかフクロウのお守り、金の銅像など

ビジネスちっくなところが所々感じられました^^;

本殿周辺は太陽の光が入って心地よい感じがし、

やはり本殿周辺エリアが曇っている感じもした。

本殿右横でワークを開始、ワーク後は明るさを取り戻したような感じがしました。

全体的にも参道も含めて綺麗になった感覚が強いです。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

4社目は那須神社です。こちらご由緒です。神社紹介しているHPはこちら

 

 

おくのほそ道風景地名勝にも指定されているようです。

 

 

国重要文化財に指定(平成26年に本殿と楼門)

 

 

神社ミッション前の状態です。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

那須温泉神社と関係がある

ヒーラー仲間からは今日一ですねと言われました。

個人的にはニュートラルな状態でワークをし、

良いのか悪いのかよく分からず

ただ、ワークを行いました!という心境でした^^;

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

初日のミッションを終えました。

 

 

ヒーラー仲間からお土産とアイスをいただきました。

その後は移動して居酒屋で明日の神社ミッションの話や情報交換をしました。

 

 

栃木県神社ミッション(2日目)

ビジネスホテル「あじさい」は素泊まりで4,800円、

非常にリーズナブルで、何度か利用させていただきました!

 

 

朝食をつけると600円になりますが、がっつりいただきました!

 

 

2日目の1社目はこちら「岩戸別神社(いわとわけじんじゃ)」さまへ

 

 

由緒(以下はこちらHPより抜粋)

弘仁元年(810)九月に神霊示現し給ったので、字鳥屋の越と称する山上に奉齋したことを創始とする。

後代字横峯の山に遷座、更に享徳年間(834~848)に至って現在地に遷座し奉齋した。

当時境内地は、当社禰宜の所有地であったので領主松平下総守は地付林を神社と定めた。

享保十九(1734)年、正一位岩戸別大明神の宣旨を下賜され、船生郷の総鎮守と定められた。

嘉永四(1851)年、社殿改築の儀起こり、安政二(1855)年に仮遷座祭を厳修して工事に着手。

安政四(1857)年四月に落成。二九日に正遷座祭を挙行した。

御鎮座以来、武運開運の神として神威高く、古来崇敬の誠を捧げる者は県外にまでおよぶ。

社殿は樹齢150年以上の杉の古木に覆われて社厳極まる神域となっている。

 

 

木々に囲まれ、春を感じる時期に行きましたので、清々しい感じでした。

 

 

鳥居の奥に本殿が見えます。

 

 

神社ミッション前の状態です。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

 

当時のメモをこちらに転記してみます。

朝一でサーニアン仲間から神社ミッション最高最善に

必要な光を送っていただき、良い状態でスタートした感じします!

朝の10時前で天気も良くて心地良い感じでワークしました。

本殿正面でワークを行い、5分ほどで良い感じになった感覚がありました。

「力」に関係する神社でパワースポットで有名のようです。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

不思議な体験をされた体験談や記事など多く紹介していました。

 

 

境内を散策です。

 

 

大きな岩の前に小さい球が見えます。

 

 

こちら周辺が気になったので、ニュートラルになるワークをしています。

 

 

見た目にはあまり変わらない2つの石に感じますが元来、

石に秘められた力が全く逆方向にはたらいている石であります。

右側の石・・・地に向かって放つ力(陰のパワーストーン)

左側の石・・・天に向かって放つ力(陽のパワーストーン)

それぞれの石の中央に姿勢を正して約10秒位静かに立って下さい。

程なくして、足元から石の発する不思議なパワーを感じることでしょう。

上記はこちらHPより抜粋

 

 

ミッション直後、次に移動します。

 

 

2日目の2社目、車で移動中にヒーラー仲間が気になるということで

立ち寄りました「村社天神社」さまです。

多くは語りません^^;神社ミッション前の状態です。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

当初の予定では鹿沼の古峰神社もと考えていましたが

帰りの新幹線の時間から無理そうなので予定変更し、

安住神社へ向かう道中で見かけた神社に立ち寄り

鈴の音を確認しながらミッションしました。

村社天神社 こちらは鳥居をくぐると足裏がしびれ、

地中に吸い込まれるようなエネルギーを感じました。

何かあまりよくない気配も感じ、ワークは物凄く時間がかかりました。

空間はあっという間にキレイになったのですが、土地が弱っているのか?

地面に対して長時間に渡りエネルギーが入ったような感覚があります。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

2日目の3社目、こちらも通りすがりの神社様で、

ヒーラー仲間が気になったということで立ち寄りました「金井神社さま」です。

 

 

神社ミッション前の状態です。

 

 

手水舎です。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

こちらも道中で通りがかった神社です。

こちらはそんなに不快な感じもなく割と手入れもされていました。

本殿正面でワークしているとこちらもご神体がサポートして

くれているような感覚がありました。

村社天神社さまと違い、短時間でワークが終わった感じしました。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

帰り際の状態です。

 

 

2日目の4社目、安住神社(やすずみじんじゃ)さまです。

 

 

由緒です。こちらHPもありまして、由緒を抜粋しますと

安住神社の草創は、平安初期の昌泰2年(西暦899年)、新井吉明が国家鎮護のために

摂津住吉大社の大神の御分霊をこの地に勧請したものです。

底筒男命・中筒男命・表筒男命の三神は、伊邪那岐命が禊ぎ祓えをなされたときに

お生まれになられた祓へ神であり、罪けがれや厄事を祓い清めてくださる「厄祓い・清め祓いの神様」

として篤く信仰され、殊に厄除け・方位除け(八方除け)・災難除け等の御利益があります。

神功皇后様(息長足姫命)は筒男命三神の御加護を受け、三韓遠征に凱旋なされた伝承から、

当社四柱の神は「勝利の神様」「平穏の神様」と称され、神功皇后様ご自身は御子を

身篭りながらの御出征で、凱旋後無事ご出産されたことから、

「子授け・安産・子育ての神様」として崇敬されております。

また当社の「安住」という名称から「安らかなる住まいの神様」と呼ばれ、

安心して暮らせるよう家をお守り下さる神様としても信仰されています。

当社は明治維新前には正一位安住大明神と称されましたが、

維新後には安住神社と改称して郷社になり、その後村社となりました。

しかし近年、近隣では類稀なほど境内神域の整備が進み、年々崇敬者の数は増加の一途を辿り、

皆様の御崇敬が弥増すに連れ、安住神社の大神様の御神威・御神徳も弥益々に高く轟き、

御蔭をもって現在では栃木県内でも有数の神社として知られております。

 

 

境内の中にあります。

 

 

こちらから境内へ

 

 

本殿が見えてきました。結構広いです。

 

 

本殿に近づいてみました。

 

 

神社ミッション前です。この時の私は、境内が広いという3次元的思考で

結構時間がかかるかと思いながらワークしていた記憶があり、

仕切り直しした記憶があります。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

こちらは駐車場に近くなるにつれて頭が痛くなりました。

ヒーラーさんも頭が痛いといってました。

ミッション前に頭頂がジンジンする感覚とは全然違い

鳥居をくぐると頭痛が大きくなっていきました。

一度でのワークでは綺麗にならない感覚があったので

安住神社 場所を変えて落ち着いてもう一度ワークを行ったところ

全体的にキレイになり、頭痛もなくなりました。

駐車場までキレイになったようです。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

神様が人々の願い事を叶えようと色々動いていてお疲れになっているように感じるという

ヒーラー仲間と私の感覚が一致していた神社さまでした。

 

 

2日目の5社目、宇都宮駅に向かう道中、こちら村社白髭神社さまです。

神社ミッション前の状態です。

 

 

境内の様子です。

 

 

ご神木です。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

帰りは宇都宮から乗る予定だったのですが予定変更して

那須塩原へ戻る道中でヒーラーさんが以前から気になっていた神社です。

ご挨拶してからご神木が気になったので、ご神木に挨拶をして

ご神木の近くでワークを行いました。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

2日目の6社目、2日間の神社ミッションもラストになります。

 

 

神社ミッション前の状態です。

 

 

木幡神社さまの情報はこちらのHPなど参考になります。

 

 

こちら神社ミッション直後の状態です。

当時のメモをこちらに転記してみます。

 

最後は比較的大き目な神社でした。

本殿左手前でワーク開始し、戦国時代の方が

いるような感じが何となくしました^^;

ワーク後は全体的にキレイになった感覚があり、

木幡神社 戦国時代の何となくどぎついエネルギーが

緩和されたような?感覚があります。

 

当時のメモ転記は以上です。

 

 

帰宅時の状態です。2日間で10社の神社ミッションを遂行いたしまして

道中を案内して下さったヒーラー仲間には感謝でいっぱいです。

 

2021年2月現時点ではまだ両親の介護で今後どうなるかは不透明なので

積極的に神社ミッションの活動はしていませんが、また落ち着いてきたら

日本各地の神社ミッション、山へのワークなども開始したいと思います。

 

 

また、私からサーニアンのエネルギーワークを体験してみたい方はこちらをご覧ください

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます<m(__)m>

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2021年1月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 幼少時代からの体の歪みは複数の原因が?今世の原因の他に過去生によるカル…

  2. 自分なりのエネルギーが降りてくる、完結

  3. 夫婦で受けた2019年後半のアチューメント

  4. 埼玉県新座市平林寺のサーニアンワーク、私の今後はどうなるか

  5. 土地に入り始めた浄化と活性化の光の卵

  6. 神社ミッションの合図が鈴の音で聴こえてくる

  7. 保護中: ご先祖様とのコラボで数百年前にかけた呪詛を解消する?

  8. 日本の神様と約束している自分の光