第7回 トラウマと心理的逆転の違い

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回は、「トラウマと心理的逆転の違い」

についての内容を書いていきます。

 

 

人間の3つの側面

トラウマと心理的逆転について説明する前に、

人間の3つの側面について、説明しておきますね。

 

人間は、大きく分けて

肉体(ボディー)、心(マインド)、霊魂(スピリット)

と、3つに分類できるかと思います。

 

 

心はさらに2つに分類

この「心」ですが、私が学んできたノウハウでは、さらに2つに分類しています。

「心」=「感情」+「思考」です。

 

 

感情は2種類

また、感情には、ポジティブな感情とネガティブな感情の2種類が、

思考には、抽象的な思考と、具体的な思考の2種類あります。

 

感情は、プラスとマイナスというように、どちらか一方だけ消すことはできません。

なぜなら、2つで1つのものだからです。

コインの表と裏の関係のようなものです。

コインの表だけ無くすってできないですよね?

 

絵柄を消すとかそういう意味ではないですよ。

表の存在自体を無くすことができない、ということです^^;

 

男と女のように、どちらか消すってことはできません。

「上と下」

「高いと低い」

こういうのってどちらか一方消すことできないですよね。

 

 

トラウマは7歳以下の嫌な感情記憶

トラウマとは、小さい時に最初に傷ついた自分の感情です。

0歳から7歳くらいまでのネガティブな記憶と言われたりしています。

インターネットで調べてみると、様々な定義が出てくると思います。

 

このメールでは、「小さい時に最初に傷ついた自分の感情」

と定義します。「思考」ではないですよ。

 

前回のメールで、ミラーニューロンに関してお話しましたが、

まさに、ミラーニューロンって一番最初の記憶がここに蓄積されてしまう、

ということでもあるように思います。

 

でも、7歳以下の記憶って覚えてますか?

せいぜい幼稚園5歳から7歳くらいまでではないでしょうか?

私は5歳よりも小さい頃は、泣いてばかりいる自分しか、なんとなく覚えてません(泣)

ごくたまに、3歳以下の記憶も鮮明に覚えている方もいるようですね。

ですので、具体的な年齢は何歳までって定義付けは難しいです。

経験的に、7歳くらいまでにトラウマが80%くらい刻印されると言われています。

これも、データによって、意見は様々ですので、参考程度にしておいて先に進みましょう。

 

 

心理的逆転は脳の混線状態

次に、心理的逆転について説明しますね。

心理的逆転というのは、トラウマとなった出来事を起点として、

今度は頭で色々考えてしまって混線状態になってしまっている状態です。

 

本来思考というのは、フラットな状態なんですが、そこに、

感情、特に嫌な感情がノリみたいにくっついたような

感じであるとイメージしてみて下さい。

または、磁石としてイメージしてもいいかもしれないですね。

 

心理的逆転は、「思考+感情」と考えて良いかと思います。

頭で考えていることと、実際の行動が不一致してしまう、

そういう現象が、まさに心理的逆転と呼ばれる現象です。

 

例えばこんな感じです。

学校に行かなくてはならない。

でも、学校に行くといじめられてしまう。

だから行きたくない。

 

うーん、でも行かないといけないし。

どうしたらいいんだろう?

と頭が混乱して、行動できないような状態です。

行動がフリーズしている状態が、まさに心理的逆転という状態です。

 

 

これって、思考が混線していると思いませんか?

まさに、数年前の私は思考がとても混線していました。

心理的逆転が、現在うまくいかない現実の口癖だとすると、

トラウマというのは、最初に感じた嫌な記憶です。

 

2010年3月頃に、一人で出来る感情解放の本を買って、

よく分からないなりに、一人で黙々と実践していました^^;

一人で感情解放を行う場合は、

トラウマなのか?心理的逆転なのか?よく分かりません。

 

ですので、思いつくところから片っ端に嫌な出来事をリストアップして、

感情や思考の調整をしていました。(ひとまとめに感情解放と書いてますが)

 

参考書や問題集と同じで、買っても実践しないと意味がないので、ひたすらやってました。

 

でも、その結果、現実が変わりました。

まさに、「行動してはじめて現実が変わる」

ということを体感したのです。

 

ですから、このメール講座でも、心理的逆転を一時的に回避する方法や、

ストレスを少しでも緩和する方法をもう少し先のメールでお伝えします。

ですので、現状から少しでも変わりたいのであれば

とにかく「実践するという行動」をしてみて下さいね。

 

とはいうものの、メールという文章だけだとまだよく分からないかもしれません。

 

次回、トラウマと心理的逆転を解説した動画を紹介したいと思います。

次回の記事はこちらをクリック

 

2020年10月現在、心理的逆転やトラウマの調整はこちらのオンライン講座で自宅で学ぶことができます。

オンライン講座受講者で興味ある方には個人セッションや個別レクチャーを受けることもできます。

 

以下のブログランキングに参加しています。

クリック応援していただけると、とても嬉しいですm(_ _)m

 

◆人気ブログランキング

↓ ↓ ↓

こちらをクリック

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 第1回 こんにちは、齊藤秀行です

  2. 第10回 読者さんの応援メッセージ

  3. 第12回 心理的逆転を一時的に起きないようにする方法

  4. 第5回 直観ひらめきをアップさせるには?

  5. 第3回 人生で最も大切なものは何ですか

  6. 第6回  ミラーニューロンとは?

  7. 第21回 過去の記憶を書き換え、現実を変える方法(基礎編)

  8. 第20回 自分の実践経験と電子コンテンツ基礎編を受講された方の感想