ベストを尽くすとどうなるか?

本記事は、2013年5月28日(火)のアメブロ記事を転記、加筆修正したものです

会社を退職する前に書いていた当時の記事ですが、見直してみると勢いもあって

過去の自分、未来の自分に向けて書いているなと、初心に戻る内容でありました。

 

特に、記事の終わりの方にも書いていますが、先輩も後輩も、初心者もプロも関係ない、

と言ったところは、セラピストとして独立する前と数年経過した今と

相手と向き合う時のマインドセットが大事だなということに改めて再認識しました。

 

サーニアンのベーシックを学ぶ初日、えりこさんが教えて下さった一言は今でも覚えています。

それは、「エネルギーワークは初めても1万回もやり方は同じ」、と言っていたことです。

一語一句あっているかどうか分からないのですが^^;

その時もこの記事を書くきっかけとなった植田孝さんから教わったことを思い出し、

初心に返るような感覚がありました。

 

数年経過して、プロとして活躍するようになったのはそれはそれで良いことですが

初心に返って1回目の個人セッションも1万回目の個人セッションも同じマインドセット

「ベストを尽くす」、「全力を尽くす」、意識していこうと改めて思いました!

(2019年5月吉日)

 

以下、当時のアメブロ記事より

だんだん暑くなってきましたね。

ビールのウマい季節にもなり、ビール派な私は7月1日から有休消化に入り、

在宅での仕事が最初は中心になりがちで、ダイエットが今後の課題の一つでもありそうです。

 

なかなか行動できない原因を見つけ、可能性を広げる

西東京市のセラピスト 齊藤秀行です。

 

今回のテーマは、『ベストを尽くすとどうなるか?』

について、お話ししたいと思います。

5月17日に私は会社が休みでして、その時になぜかあまりやる気がなかったんですね。

 

最近自分でセルフヒーリングやりすぎたせいか、あれ?なんかストレス無くなってきちゃったな。

やばいぞこれって思って、やる気が出ない日でもあったんです。

 

その時に、たまたまとある方のブログ記事を読んでいました。

この記事のある一文を読んで、私のやる気に火がついたんです。

 

その一言っていうのが、

『ベストを尽くしたら、そこに失敗も成功もない』

だったんです。

 

これを読んで、へー、そうなんだ。って思う方もいるかもしれません。

でも、これって私にとってはかなり重要なマインドセットでもあったんです。

 

その人を突き動かしている根本思想

2012年1月から植田孝院長を師匠にさせていただき、1年間みっちり理論と実技を学んできまして、

その中でも、トラウマや心理的逆転、信念よりももっと奥深い重要な、

その人を動かしている根本思想があります。

 

それをマインドセットと呼んでいるのですが、その一つに、

「ベストを尽くす」

「全力を尽くす」

ということを教わったんです。

 

今後個人セッションを行う時には特に意識すると良い

マインドセットでもあると教えていただきました。

 

人事を尽くして天命を待つ

このマインドセットは、

『人事を尽くして天命を待つ』

にも通じるものがあると思います。

 

まさに人事を尽くすっていうのは、

『全力を尽くす』、『ベストを尽くす』でもあって、

天命というのは、スピリットが采配してくれる。というようにも解釈できます。

 

自分の知識や技術がまだ未熟であっても、その時に持っている力を全て100%発揮すれば、

足りない部分はスピリットが補ってくれる。そういうものだと教えていただきました。

 

なるほど、と思いまして、その時にまた、今この瞬間に100%全力を尽くすというときに、

相手にとって良いことだけを考えることで自分のエゴも少なくなり、

知識や技術が未熟だったとしても、例えばセッションが終わってからに

何か気づきが起こったりとか、そういうようなことが起きるようにも思います。

 

セッションをよくしたい、自分がセッションしているのをよく見られたい。

と思っていると、これはエゴになってしまい、邪気といって筋肉反射に

ノイズとして現れるということも実際に確認してみまして、

確かにその通りだなとも思いました。

 

そして、「今ここに全力を尽くす」というマインドセットがなぜ、スピリットに

最も近いようなマインドセットでもあるのか。についてですが。

 

人体の周囲に存在するエネルギー体

人間の肉体の周りには何層かのエネルギー体になっています。

地球の周りに大気とか電離層とかあるようないイメージです。

地球と同じように、人間の肉体の周囲も何層かのエネルギーの層になっているのです。

肉体に近いほうから、エーテル体、感情体、メンタル体、そしてスピリットとなっていきます。

 

メンタル体には2種類あります

・肉体に近いほうが下位メンタル

・スピリットに近いほうが上位メンタル

 

上位メンタルというのは、右脳のように抽象的で芸術など創造性を使うもの

下位メンタルというのは、今夜何を食べようかなとか、具体的な思考です。

そういうエネルギー体をメンタル体と呼びます。

 

それで、上位メンタルというのが、スピリットに最も近く、

全力を尽くすというマインドセットも、スピリットに最も近い上位メンタルでもあるのです。

 

ここをきちっとしていると、

今ここ、に100%力を発揮し、

スピリットからのサポートがあるようです。

 

スピリットの世界

そして、スピリットの世界というのは、対立する概念、上とか下とか、

先輩とか後輩とか、初心者とかプロとか、そういう対立するものが存在しない。

 

だから、ベストを尽くすとそこには失敗も成功もないのだな、

と今まで学んできたことが1年以上経過してようやく分かったように思いました。

 

ベストを尽くすのに、先生とか後輩とか、私の方がプロだからとか

あの人はまだ個人セッション始めたばかりだから、とか

そういうのは関係ない世界でもあると思います。

 

もしそういう心構えでセッションしてしまうと、エゴが強くなってしまって

やはりスピリットからのサポートも得られなくなってしまうようにも思いました。

ですので、このマインドセットは初心忘るべからずで今後とも心構えとして

意識していこうと思いました。

 

長くなってしまいましたが、今回Sayuriさんのブログ記事を読む事で

私自身の初心を思いすことが出来ました。

Sayuriさん、素晴らしい気づきをありがとうございました。

次回は、経絡と経穴について、書こうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 『ありがとう』という言葉で心理的逆転現象が起きているとどうなるか?

  2. 新しいキャッチフレーズの紹介とその理由

  3. 陰陽五行の色と12経絡と感情

  4. 毎日の習慣を変える事と『ある経絡』との関係性

  5. 人間の中にある3つの人格【人間の中に存在する爬虫類的人格?】

  6. (要写真追加)荻窪の整体師 徳田和久さんのハンドヒーリングを受けて

  7. 陰陽五行と内臓の関係

  8. 【ご紹介】脱・引き寄せの法則ワークブック