ミラーニューロンの秘密

本記事は、2013年8月5日(月)のアメブロ記事を転記、加筆修正

 

 

以下、当時のアメブロ記事より

今日もクーラーをかけっぱなしです(^^;)

新しいHPに移行するため、ワン・コマンドのセッションページや

音声収録する内容を事前に考えたり、HP用のブログも書き始めています。

でも、この暑さであまり?はかどってません(><)

 

「苦手な人から言われた言葉がいつまでも頭に残っているあなたを楽にする方法」

西東京市のセラピスト齊藤秀行です。

今回は『ミラーニューロンの秘密』について、お話します。

 

この記事を読むことで、なぜ自分は親と似たような人生を歩んでいるんだろう?

なぜ自分にはこういう口癖があるんだろう?

というような原因が分かるようになります。

 

まず、ミラーニューロンの意味についてです。Wikipediaをリンク しておきます。

人間の脳の中に、相手の言動、行動を真似る細胞があるということを、

1996年にイタリアのパルマ大学教授が発見しました。

 

相手の言動、行動を真似てしまう細胞です!

なぜ、ハイハイしている赤ちゃんは、立って歩くようになるのか?

それは、まさに目の前にいる親が立って歩いているのを見ているからなのです。

言葉を覚えるのも、このミラーニューロンがあるからです。

「狼に育てられた少女」 がいるという話は聞いたことありますか?

まだ立つこともできない少女が何らかの理由で捨てられ、

それを狼が拾って育てたという話です。

実際に少女はどうなったかというと、生涯二本足で立つことが

できずに、狼と同じ四つん這いでしか歩くことができなかったのです。

 

このことからも、小さい頃に育てられた環境ってその後の子供の

人生を左右することにもなるんだなと思います。

これは習慣もいえます。親に限らず、ネガティブなことばかり

言っている人と一緒にいると、次第にネガティブなことばっかり考えてしまうようになります。

ネガティブなことが入らないように意識していれば大丈夫だと思います。

 

スポーツなんかも気をつけないといけないようです。

私は学生時代ゴルフ部に所属していました。

大学1年の始めたばかりの頃はかなり下手っぴでした^^;

ハーフで100とか軽く超えていた時もあります(><)

OBを4連発とか???それだけでも次は9打目になります。

そんな時に、ハーフで40を軽く切るような先輩と一緒にラウンドすると、

よく崩れていて、ハーフで55とか超えていたのを覚えています。

その時に、「齊藤と一緒に回ると崩れる」みたいな感じでよく言われましたが、

指導もかねて一緒にラウンドしてくれたため、余計に私の当時の下手なゴルフのやり方を見て

ミラーニューロンされた可能性が高いと思います。

 

ミラーニューロンは、特に初めての行動、言動を真似てしまいます。

ですので、言動や行動は両親の影響を受けやすくなるのです。

また、自分の口癖って意外に両親に似ていたり、

または両親と真逆な行動をしたり、そんなことないでしょうか?

 

私は自分のトラウマや心理的逆転を癒していく過程で、両親の口癖や、信念、

酔っぱらった時などに話し出す昔話などに注意を払って聞いて携帯のメモ機能を利用してメモしていました。

両親の小さい頃、うまくいかなかった話や両親のそのまた両親から怒られた話などを聞くことで、

ネガティブな行動パターンに気づいてトラウマをリリースしやすくなったからです。

また、意外なことに驚いたこともあります。

その話は長くなりそうなので、次回のお楽しみとします^^

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連記事

  1. ワン・コマンド プラクティショナーのワークショップ

  2. 三鷹のジブリ美術館に行ってきました^^

  3. 15年以上ぶりの秋田① 山道の運転で酔わない方法とは?

  4. なぜ今のメソッドをやることに決めたのか?

  5. 陰陽五行の色と12経絡と感情

  6. キネシオロジー② (最初のキネシオロジー、東洋医学と西洋医学の違いは?…

  7. 自分の知っている世界を崩していく方法

  8. 感情解放【ESR】