なぜ?何?どうやって?今すぐ?

本記事は2014年9月5日(金)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

学習には件名の4つのタイプがあるのはご存知ですか?

この記事を読むことで、自分がどの学習タイプか分かるようになります。

 

また、他の人に説明するような時に、どの学習タイプにはどのように話すと

理解されやすくなるか、分かるようにもなります。

 

また、大勢の場合に響くように話すにはどのように話したら良いか、

そのヒントが得られるようになります。

 

 

学習するタイプは、大きく分けると4種類あります。

 

①なぜタイプ

②何タイプ

③どうやってタイプ

④今すぐタイプ

 

順番に説明したいと思います。

 

①なぜタイプ

なぜそれをやるのか?それをやることで、どんなメリットがあるのか?

それをやらないとどんなデメリットがあるのか?の「なぜ」が分からないと

なかなか学習が先に進まないタイプがこれにあたります。

 

②何タイプ

科学的なデータや権威、歴史、社会的な証拠などが分からないと

なかなか先に進めないタイプがこれにあたります。

 

③どうやってタイプ

どうやってそれをするのか?手順、やり方が分からないと、

なかなか先に進めないタイプがこれにあたります。

 

④今すぐタイプ

何をすればいいのか?とにかく今すぐ教えて下さい!

というタイプがこれにあたります。

 

比率でいうと、

なぜタイプが40%、何タイプが30%、どうやってタイプが20%、今すぐタイプが10%

と言われています。

 

どれがいいとか悪いとか、そういうのはなく、

自分がどのタイプなのか知ることで、学習が効率よく

進むことも期待できるのではないかと思います。

 

さらに、一つだけということではなく、複合的に、

あるいはTPOによっても変わってくるようにも思います。

 

そして、大勢の人に響くためには、

なぜ、何、どうやって、今すぐ、というこの①~④の順番に話すことで、

受け入れやすくなるとも言われています。

 

コピーライティングなんかでもそうだと思います。

この順番で書かれている場合が多いのではないかと思います。

 

実は私は、なんで?という疑問文で心理的逆転が起きていました^^;

 

次回はその体験談を詳しくお話ししますね。

これを理解することで、自分が属する学習タイプ以外の

人の気持ちに寄り添い、共感度がアップするようになります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. 【号外】取材商法

  2. 田無神社本殿拝殿特別拝観の日程

  3. 斎藤一人さん動画『最強の言霊』

  4. 旅博@東京ビックサイト

  5. 骨折した箇所を加速度的に修復する方法

  6. 任脈と督脈

  7. 誰もが自分自身がパワースポットとなれる可能性があります

  8. ワン・コマンド プラクティショナー ワークショップ