曲付ワン・コマンドの感想

本記事は2016年8月5日(金)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

作曲家の鶴田勇気さんに依頼したワン・コマンド瞑想用の曲が

先週出来まして、まずは夫婦で聞かせていただきました。

作曲家の鶴田勇気さんの記事はこちらをクリック

 

 

今までのワン・コマンドは自宅で収録しており、

車の騒音などをどうしても拾ってしまっていました。

 

曲付きのワン・コマンドの音を聞くことで、細かな音が気にならなくなり、

それぞれの瞑想パートできめ細やかな配慮があり、シータ波になりやすくなったと思います。

 

何しろ、私の声の性質と台本にあったように曲を作っていただいたので、

感想にもあるのですが、本当に一つの芸術作品のように出来上がりました。

修正の必要が全くなくて良い感じです。

 

3曲にわたって連続して聞きましたが、どのワン・コマンドも

物凄く深いところまで潜在意識が変容するものと思います。

 

さすがに今の時期はセミの声がうるさくて

新たに音声を作るのは一時的に休止しようと思います^^;

新月のワン・コマンド待っている皆さま、秋に送ります!

 

進化版のワン・コマンドは今年の5月以降にリリースしたため、

まだ体験された方はそれほど多くなく、感想を積極的に

書いて下さる方を中心にプロトタイプを聞いた感想をいただきました。

 

こちらもお忙しい中、長文を書いて下さり、逆に貴重な時間を割いてしまいまして

このブログを読んでいましたらこの場を借りてお詫びとお礼を申し上げます。

いつも本当に貴重なフィードバックをありがとうございます!

 

いつも超長文に渡って感想を書いて下さる方には

忙しい中を割いて書いて下さる方もおられますので

こちらが申し訳ないと思うような方もおられます。

 

新月のワン・コマンドも毎回送るのはいかがなものか?

考えるようになりました。

 

今後はしばらく新月のワン・コマンドの配信を

控えさせていただくことにします。

 

ここで一部を紹介させていただきます。

ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございます

 

●N.Sさま

音楽付きのワン・コマンド、感激しました。途中で涙が出そうになりました。

こんなにも素晴らしい音声を聞かせていただいて、

私は幸せです。それぞれの感想を書きますね!

自己愛を高めるコマンドを聞いて最初の音声が流れて少したったくらいから、

みぞおちのバイブレーションがあがっていることに気づきました。

それに伴い、体の前側のバイブレーションが少しづつ上がり、穏やかな状態で落ち着きました。

足裏からエネルギーの根が生えて・・・のところをイメージしたら、

足裏のバイブレーションがあがりました。

 

もしかしたら、齊藤さんと音楽を同時に聞いている最初の方は

すぐにアルファ波になったのでは?と思いました。

そのうちにアルファとシータの入り混じった状態を通って、シータに自然と移行した気がします。

ハイヤーセルフと繋がるマントラの所は、音無しの最初にいただいた時は

よく分からなかったのですが、今回の音着きの方では、

なんともいえない心地よさがありました。

このマントラの言霊は、とても深いものがあると感じました。

コマンドの所では、ディープシータになっていたようで、意識はほとんどなかったです。

DNAの~●●●●・・・、●●●●・・・の所では、

音楽にのせて、本当にそのようなことが起こっているような感覚になりました。

不思議な体感でした。

 

ワン・コマンドの音声が終わるとき、腹部のバイブレーションが

あがっているのに気づき、しばらくそれを感じていました。心地良かったです。

台本を齊藤さんの言霊にのせて、美しい透明感のある音と共に、調和している感覚を持ちました。

融合されたキラキラ輝いている一つの芸術品とも思えます。

この音声は、私がいままで体感したことのない新しいタイプのものでした。

抽象的な表現しかできないのが歯がゆいです・・・。何度も聞きたくなります♪

音楽は、一つの映画を心と体で味わった感覚を持ちました。とってもセンスのいい、大好きなメロディーです。

音声を送ってくださり、ありがとうございます!とっても嬉しいです♪

なんだか今までと自分のバイブレーションが変わって、

いい感じです。齊藤さん、感謝の気持ちでいっぱいです!

 

●J.Gさま

早速 新しいワンコマンド試してみました。

昨晩は疲れていて、でもどうしても聞きたかったので

横になりながら聞いていたら寝てしまいました。

なので起きてから改めて聞いてみたのですが斎藤さんの声と、

カスタマイズされた音楽がドンピシャであっていると思います。

眠くもならず、目を上にあげる事に集中しなくていいし音楽がとても心地いいので、

誘導がスムーズに耳に入ってきてやりやすかったです。

音が無い時は、なぜかわかりませんが斉藤さんの声がかえって聞きにくい時があり、

瞑想に集中できなかったのですが新しいバージョンはそういうことはなかったです。

毎日のようにブロックを外したり、瞑想をしているからか意識をどんどん上の方に

あげていくときに、ここが本質のいるところなのかな?

と思われる場所が色と感覚でわかるようになってきました。

仙人呼吸法でそれが加速されたと思います。

いつも大変貴重な体験をありがとうございます!

 

 

●K.Sさま

曲付きのワン・コマンドも本当にありがとうございます。

早速聞いてみましたが、とてもイイですね。

今年の1月末頃にワン・コマンドを教えて頂いてから

約半年経ちましたが今でも定期的に活用しています。

コマンドした数も700を超えていると思います。

齊藤さんに教えて頂いたワン・コマドは、

かなり凄い効果が出ていますがこのご報告は後日させて下さい。

ですが・・・ワン・コマンドの瞑想をしていて一番気が散るのが、

近くを通る車やバイクの音だったり家を建築している音だったりが

とても気になる時が有り、瞑想中にタイミング悪くそれらの音が聞こえると

イラッっとする時もありました。

その事から私は瞑想の台本を極力短くする方向で独自に行っていましたが・・・

今回の曲付きワン・コマンドでは、あえてそれらの音がする時に試してみても・・・

周囲の音が全く気になりませんでした。

周囲の音に影響されず深く瞑想に入れるのでとても良かったです。

瞑想の台本箇所に合わせて曲調が変化する様になっていて、手の込んだ素晴らしいものですね。

曲の効果と齊藤さんの声の相乗効果もあって私達素人が自分で録音したものとはまるで別物の

素晴らしいワン・コマンドになっていると思います。

ただ、誘導の声に対して、もう少しだけ音楽の音が小さいと更に良かった様に感じますが

この辺は人によって好みが分かれる微妙な所かも知れません。

場のエネルギー環境にも気を配り、言霊の力も使い、クライアントの

内なる深い部分に繋がる為の数々の改良も有り、今回、音の対策も施して、

更に深く入れる様になったワン・コマンドは正直、オリジナルメソッドとして

発表できる位独自の進化を遂げた素晴らしいものだと思います。

日常的な問題は自分でコマンドしたものでも大丈夫かも知れませんが

より深い問題の場合は、齊藤さんの所で再びセッションを

受ける方が効果的な様に感じられました。

更なる進化版を試させて頂く事が出来て感謝しています。 いつも本当にありがとうございます。

 

●F.Gさま

音楽付き音声聞かせていただきました。

音楽は、好みもあるし、邪魔になってしまうんじゃないかなーと

懸念しておりましたが、全然そんなことは感じませんでした。

全体的に音楽があった方が、確かに変性意識状態になりやすいと、私も感じました。

マントラの部分は、歌っているみたいで、心地良いですね。

私の好みもありますが、あのマントラは、いつまでもいつまでも聴いていたい感じでした。^^

今朝聴き終わった後は、上半身が緩んで、呼吸が楽になり、背中が軽くなりましたよ。

今日は午後から予定があるので、午前中に聴けて、お陰様でスッキリしました!

一昨日の晩も聴いたのですが、途中で寝てしまいました。

寝つきが悪い方なので、それもありがたいです。いつも本当にありがとうございます。

 

 

皆さま、素敵な体験談をありがとうございます

変化はすぐに現れるかどうかは全く分からない世界ではありますが、

これから何かしら変化がありましたらまた是非お知らせください!

 

今後、鶴田勇気さんが作っていただいた曲付きのワン・コマンドで

どのように変容していくか、物凄く楽しみであります。

 

音楽と私の音声の編集など、若干試行錯誤を繰り返していきます

編集作業は以下のカムタジアスタジオで編集していきます。

 

 

鶴田勇気さん、素晴らしい音楽を作曲していただき、

本当にありがとうございます<m(__)m>

 

また今後オリジナルの動画などのコンテンツを

作った時には是非曲をお願いしたく思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. お金と愛の交換

  2. 人間の中にある3つの人格【哺乳類脳】

  3. 進化した仙人呼吸法を体験しました!

  4. 惠里子さん・真喜子さんの会 supported by Scarnion…

  5. 42歳の本厄になりました!

  6. 秩父へ

  7. 【動画】心理的逆転を一時的に回避する方法

  8. 白砂糖から生砂糖へ