気功太極拳 老師 山田充宏さんのツボ開けを受けました!!!

本記事は2016年8月9日(火)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

8/5(金)午後に気功太極拳 老師

山田充宏さんのツボ開けを受けました!!!

ツボ開けって初めて聞く方もいるかもしれないですね。

 

私がその言葉を知って興味を持ったきっかけは、

師匠の江原竜二さんのアクセスバーズ・ボディの

プラクティショナーを同時に受けたヒーラー仲間の

川瀬太郎さんの体験記事をアップしていて知りました。

 

タローさんの表情が今までと違ってパワーアップしているのが

写真からエネルギー的にも伝わってきました。

そんなタローさんの体験アメブロ記事はこちらをクリック

 

4月に川瀬太郎さんがFBにカッコイイお兄さんと

一緒に写ってパワーアップしている姿を見て、

この人はただ者じゃないと思ったのがきかけでした^^

 

5月連休明けに早速予約をし、6月に受ける予定でいましたが、

タイミングがようやくあうことができました。

 

それまでにカイロプラクティックやNAETアレルギー療法など、

肉体的調整をしておいて良かったと思います。

 

今思うと、肉体調整をして土台を固めていたので

ちょうど良いベストタイミングに受けたと思います。

 

3年間引きこもりっぽくPCばかりに熱中していたものの、

体が悲鳴をあげていたので、やはり肉体ありきです。

 

ちょうど肉体改造をすることに意識がフォーカスしていた時期に

山田充宏さんを知ることができ、まさにベストタイミング!

 

ツボ開け開始する前に、どんなことをするのか

とても詳しく教えていただきました。

 

ツボとか経絡に関しては、筋肉反射テストでトラウマや心理的逆転を調整する時に、

ちょこっとかじった程度、そんなに詳しいとはいえるレベルではありませんでした。

 

任脈の調整も本に書いてあるレベルでしたが、

本日の山田さんの分かり易い講義で、

なぜ任脈が重要なのかもよーく分かりました。

間違った解釈をしていたので、正しく理解できました!

 

マンツーマンの個人講義に個人レッスン、

ツボ開けと、とても贅沢な時間でした!

 

 

これはツボ開けの会場でツボ開け直前の私の写真です。

この暑さでかなりくたばってました^^;

 

 

ツボ開けを受けた時の様子としては

まず背中全体が暑くなっていきました。

 

今度は頭から体の前面にかけて暑くなっていき、

気づいたらお腹の中にエネルギーがパーッと広がり

そこから体中全体へと拡散していくような感じでした。

 

これは私の感覚なので、人それぞれとは思いますが

終わると体中の内側からエネルギーが溢れるようでした。

 

なんだこの感覚は。。。表現しきれないです!

 

ツボ開け前と後では、信じられないくらい

体の内側からパワーがみなぎっているのが

よーーく分かりました!これはスゴイです!

 

ツボ開けを受けた帰り道の山田充宏さんとの写真です。

超さわやかで、色々な解説も惜しみなく教えていただきました!

 

 

私のようにエネルギーワークやヒーリングをしている方、

自宅や職場であまり動かずにPCの作業ばかりしていて体が弱っているな

と思う方は特に体感を感じるかと思いますし、ツボ開けをおススメします。

 

一人でやる方法も教えていただいたので、

電車の中とかでも気のボールを作って色々遊んでました。

 

確実に気の動きが分かるようになりました。

エネルギーワークやヒーリングをしている方なら

パワーアップしているのがすぐわかると思います!

またまたハマるものが増えてしまいました^^;

 

エネルギーワークやヒーリングスキルも

間違いなく格段にアップていることでしょう。

今夜はまずは身内で実験です!

 

迷っている方がいましたら是非まず受けてみて下さい!

アフターフォローもしっかりしているので安心して受けられます!

まずは体感してみれば分かります!

山田さん、素晴らしい体験をさせていただき、ありがとうございました

 

山田充宏さんのツボ開けに興味ある方は

こちらのアメブロ記事をクリック

 

最後までお読みいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. 曲付ワン・コマンドの感想

  2. 多次元的解剖学【全体像】

  3. 聞いた後に、上半身の力が抜けた感じがしました

  4. 高ぶった神経を鎮静化してくれ、驚くことに、 不安感や苦しさが消えていま…

  5. 自分の知っている世界を崩していく方法

  6. メサイアコンプレックス

  7. 光の世界に誘導された時に、今回は本当にまぶしい光を感じました

  8. 新しい行動をする時の最大の壁とは?