第10回 6つのステップ (ステップ1、2)

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回のテーマは

『6つのステップ(ステップ1、2)』

についての内容です。

 

 

ワン・コマンド瞑想の6つのステップ

ワン・コマンドは、以下に示す6つのステップで誘導瞑想していきます。

ステップ1:地に足をつける

ステップ2:同調する

ステップ3:θ(シータ)波状態になる

ステップ4:ワン・コマンドを唱える

ステップ5:拡大する

ステップ6:感謝して受け取る

 

6つのステップではずっと目を瞑っています。

目を瞑ることで、視界の情報をシャットアウトします。

それにより、β波の状態からリラックスしたα波の状態に移行しやすくなります。

 

 

ステップ1

ステップ1は、「地に足をつける」プロセスです。

目を瞑って自分の足の裏からエネルギーの根が

地球の中心に向かってどんどん伸びていくイメージをします。

 

こういうイメージをすることで、地球の周波数と同調しやすい状態にしていきます。

地球の周波数という言葉が出てきました。

地球にも固有の周波数というものがあるのです。

 

地球の周波数は、シューマン共振と言われています。

シューマンという物理学者が発見して、その周波数は7.83Hzという値を示します。

現在はこの値はちょっと変化しているようですが、

この7.83Hzというのは、脳波でいうとまさにθ波になります。

 

最初のステップでは地球の中心に向かってエネルギーの

根を伸ばしていくプロセスですので、いきなりθ波には移行はしないにしても、

θ波に近いα波には既になっていると考えていいと思います。

この時、もう既にθ波に移行している、と意図して自分を信じておくのが大事になります。

 

 

ステップ2

ステップ2は、「同調する」プロセスです。

ステップ1で地球の中心まで伸びた根から金色の光となって根をつたい、

自分の足の裏から体に入っていくイメージをします。

 

そして、体の中に入って体全体を光で満たすイメージをします。

ここで、深呼吸を2回行います。

 

足の裏と頭のてっぺんから金色の光を吸い込んで

それをハートで合わせるイメージをします。

 

そこでハートであわせたエネルギーを360度

外へ不要なエネルギーであるネガティブな感情や思考を吐き出すイメージをするのです。

 

これによって、地球と自分との同調が深まっていく、そういうプロセスになります。

これで、θ波にとても近い状態になっていきます。

 

第11回目は、『6つのステップ(ステップ3、4)』についての内容です。

次回の記事はこちらをクリック

 

2020年10月現在、ワン・コマンドはこちらのオンライン講座で自宅で学ぶことができます。

オンライン講座受講者で興味ある方には個人セッションや個別レクチャーを受けることもできます。

 

以下のブログランキングに参加しています。

クリック応援していただけると、とても嬉しいですm(_ _)m

 

◆人気ブログランキング

↓ ↓ ↓

こちらをクリック

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 第9回 6つのステップ (全体)

  2. 第12回 6つのステップ (ステップ5、6)

  3. 第6回 ワン・コマンドの3つの部分(1つ目)

  4. 第13回 個人セッションを受けていただいた方の感想

  5. 第8回 ワン・コマンドの3つの部分(3つ目)

  6. 第4回 脳波

  7. 第11回 6つのステップ (ステップ3、4)

  8. 第3回 ワン・コマンド体験談