体の時間は25時間?その修正方法は???

本記事は2013年6月7日(金)アメブロから転記、加筆修正

なかなか行動できない原因を見つけ、可能性を広げる

西東京市のセラピスト 齊藤秀行です。

 

今回は、「体の時間は25時間?その修正方法は???」について、

お話したいと思います。

 

前回までのブログで、体の中を12の経絡が2時間ずつ24時間かけて

循環しているというお話をしてきました。

 

人体にとって過剰な感情や言葉(プラス感情もマイナス感情も)があった場合、

その過剰な感情や言葉が、特定の臓器にエネルギーの歪として蓄積していきます。

 

これにより、ある時間帯になって、プラス100にならなければならないところが

プラス50だったり、30だったりするわけです。あるいは、プラス150など。

 

これがトラウマだったりもします。その過剰な感情や言葉を癒すことで、

一定の周期で一定のエネルギー幅で揺らぐということになります。

 

 

1日25時間の身体のズレを修正する方法

そして、1日は24時間ですが、実は体の周期というのは25時間と言われています。

そのズレを修正する方法は、「朝起きて太陽光線を目から入れる」

 

 

ことで、時計の時刻にセットできます。

これは、最近見かける電波時計みたいな感じでしょうか。

 

朝早い時間の太陽光線は、目に直接浴びても問題ないといいますが、

あまり長時間見ないようにしましょう。

 

特に、朝の7時半くらいまでの時間なら、太陽光線を直接目に

数秒程度入れても問題ないかと思います。

 

次回は、新しいキャッチフレーズの紹介、そしてなぜ私がこういったセラピーを広めようと思ったのか、

その理由、経緯、想いなどについて、お話したいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

西東京市のセラピスト 齊藤秀行公式HPブログ(2020年10月現在)

【齊藤秀行プロフィール】こちらをクリック

【サーニアン ZOOM体験セッション】こちらをクリック

【オンライン講座のご案内】こちらをクリック

【お問合せ】こちらをクリック

【宇宙の光「サーニアン」無料メルマガ(無料プレゼント付)】メルマガ登録はこちらをクリック

関連記事

  1. 骨折した箇所を加速度的に修復する方法

  2. サンマリノ旅行Ⅰ 日本~サンマリノまで

  3. 三鷹のジブリ美術館

  4. ハリー山科さんの「膜宇宙療法&天城流湯治療法」の勉強会に参加しました!…

  5. 経絡と経穴

  6. ストレスを感じた時の肉体と脳の反応

  7. 神社参拝の極意

  8. 自分の知っている世界を崩していく方法