あのブドウはきっと酸っぱいに違いない!

本記事は2014年8月28日(木)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回は「認知的不協和」という

テーマをお話しします。

 

これは、心理的逆転を調整するプロ養成講座で教わった時、

おとぎ話を例に挙げてもらいました。

 

何のイソップ童話かは実は知らないのですが^^;

有名な話なので、聞いたことある方もいるかもです。

 

キツネが山道を歩いていると、高いところにブドウを発見しました。

そのブドウはうまそうなので、何とかして取ろうとしますが、なかなか取れません。

そのうち、疲れてきたキツネはブドウを取るのを諦めようとするのですが、

その時に、キツネはこう考えるのです。

「あのブドウはどうせ酸っぱいに決まっている」

と「思い込む」ことで諦めるという話です。

 

要は自分に都合の良いように解釈することです。

私もよくやります^^;

 

今夜くらいはお酒飲むのはいいでしょう。

数日間飲んでないんだし、毎日飲んでいないのだから、身体には悪くない。

 

タバコもそうです。私はタバコ吸わないのですが、

ある時、こんな方を見かけました。

「このタバコは私にとって体に健康である」

もしよかったら筋肉に力が入ります。

と言って、一人で筋肉反射テストをして筋肉に力が入るから、OKだよ!

アハハと言ってOKにしてしまうのです^^;

 

 

これには私は大爆笑してしまいましたが、

まあ本人が良いと思えばいいのかもしれないですね。

 

極端な例かもしれませんが、病院で何かヤバい病気と診断されたとしても、

思いだけで治ってしまう方もいるようですし。

ヤバい病気と聞いて、ますますヤバくなる人もいます。

 

もちろん、想い以外にも様々な原因はあるかと思います。

思い込み?も時には大事なようにも思います。

もちろん、病気にはなりたくはないですけど。

 

次回はですね、この認知的不協和を例に、

私は以前視線がとても気になっていたのが、

全く気にならなくなった「あるマインドセット」

をこれまた具体例を挙げてお話ししたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. 【動画】心理的逆転を一時的に回避する方法

  2. 【対談⑦】ワン・コマンドって何?

  3. 仕事帰りにビールを飲みたいと思わなくなりました!

  4. キネシオロジー② (最初のキネシオロジー、東洋医学と西洋医学の違い)

  5. 川越大師喜多院~仙波東照宮~成田山川越別院~陣力屋ぷりあちゃん

  6. イメージワーク前に行うと良い魔法のおまじない

  7. 【対談⑤】心理的逆転を調整してどんな変化が?

  8. あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき