言葉のパワー

本記事は2014年10月15日(水)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

先週の言霊ヒーリングから早一週間経過しました。

胃が上にあがって、その下に圧迫されていた腸が活性化したのか、

信じられない回数のガスと、黒いブツ?が出てきました!

 

食事中の方、すみません

池口さんにも聞いてみたところ、

整体で、「出るものは全てよし」

という名言があるそうです。

 

というわけで、ここ最近は言葉の持つパワーに感銘しています。

改めて、言霊凄し!

 

そういえば、以前こんな本買ったなと思って

本棚から取り出して今読み返しています。

 

2年前に読んだ時は、さらーっと流してしまったところが、

衝撃的なことたくさん書かれているので、

今後さらにワン・コマンドに磨きがかかるでしょう!

 

 

5年以上前に買ったバシャールと本田健さんとの対談本

「未来は選べる」

の中にも、同じことが書かれていました。

 

 

何が同じだったかというと、人間の記憶は脳の中ではなく、

脳はただ単にCPUであって、記憶貯蔵庫から引き出すスピードに

過ぎないようなことが書かれていました。

 

脳をいかに活性化させるか、これからキーなのかもしれません。

 

ジェームススキナーだったか、Jエイブラハムだったか忘れましたが、

バックエンド品が脳を活性化させるプログラムで

それだけで300万円以上するって聞いたことがあります。

 

でも、そういう講座も受ける人は受けるんです。

どういう方かと言いますと、企業の社長さんとかのようです。

 

私もそういう話聞くと興味津々です。

いずれ数百万円とかするセミナーも受けたいです^^

 

「受けたい」、ではなく、「受ける」ですね^^

 

言霊も、心理的逆転が起こっていたら

逆の反応(効果がない)可能性があると私は考えます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. 昭和記念公園の銀杏

  2. 人間の中にある3つの人格【哺乳類脳】

  3. ついに、愛の宇宙方程式が解けました

  4. あのブドウはきっと酸っぱいに違いない!

  5. プレゼンで、聞き手や質問者が敵だと思ってしまう方へ

  6. 今年もお世話になりました

  7. 多次元的解剖学【エーテル体】

  8. キネシオロジーの精度を高める3つの前準備