あ、それ知ってる!って思うとどうなる?

本記事は2014年9月1日(月)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回は、過去記事でも一度アップしたことのある

内容ですが、とても重要な内容です。

 

学習する時なんか、意識するといい心構えです。

新しいことを学ぶ時、

「あ、それ知っている」

と思うことってあるかと思います。

 

もちろん、私もよくやってます^^;

そう思ってしまうとどうなるかと言いますと、

体、筋肉、神経系がが硬直してしまうんです。

 

硬直しているというのは、体が硬い状態です。

硬いというのは、隙間がなく、新しいものが入ってくる、

そんな余裕がないような状態であります。

 

私の場合もよくあった例としては、最初に新しいことを学ぶ時って、

最初は簡単なことから説明をしていただいたりします。

 

その最初の段階で、

「あー、それは分かるなー」

みたいな状態になってしまうと、いつの間にか分からなくなってしまって、

「あれ、最初知っていると思ったのに、いつの間にか分からなくなってしまった」

ということがよくありました。

 

よくありました。と過去形にしてしまったのですが、

今でも油断するとよくあります^^;

 

よく、「知っている」という状態は

コップに水が入っている状態と例えられます。

 

 

コップに80%くらい水が入っているところを想像してみて下さい。

コップに水が入っている状態というのが、

「知っている」

という状態です。

 

特に新しい知識を学ぶ時は、一度このコップに入っている水を捨てないと

新しいものがなかなか入ってきにくくなってしまいます。

 

ですので、いったん入っている水を捨てて、

「自分は何も知らないんだ」

という状態で人の話を聞いたり、本を読んだりすることで、

学習効果も最も高くなるように思います。

 

ワン・コマンドでもこれってすごく重要なんですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます<m(__)m>

関連記事

  1. ユダヤ人大富豪の教え『人間関係の4つのマトリクスと私(後篇)』

  2. 今回は神様とお話しすることができました。

  3. 2010年8月8日 心理的逆転現象解除・調整セミナー初体験②

  4. お客さんに「ありがとう」と言ったけど?

  5. なぜイメージは記憶を潜在意識に定着しやすいか

  6. 4種類の学習タイプ

  7. サロンのカーテン新調、名古屋方面の神社ネットワーク

  8. キネシオロジーで3つの前準備を確認する方法