遠隔言霊ヒーリングの体験談をいただきました!

本記事は2014年10月14日(火)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

先日池口公治さんから教えていただいた

遠隔言霊ヒーリングを、自分以外に5名試してみました。

5名ともに、何かしら体に動きがあったようです^^

 

スカイプ越でも、対面でも身体調整が出来るってすごすぎです!

本日も驚きの声をいただきました。

 

あの言霊ヒーリング、すごくない?

自分でもやってみたんだけど、確かに違うよ!

すごく気に入って結構応用してます。

自分でやったらすごい動きまくってた!

って感謝のメールをいただきました^^

 

ついでに、私にも遠隔してもらってお互いスキルアップ!

これを学んでおくと、一生モノです。

整体に頻繁に通う必要なさそうですね~♪

 

今度は整体によく通っているであろう

あのお友達にも試そうかなと思います^^

 

ここからは、ちょっと毒舌?です!

 

これは別に悪口でもなく、事実なんですが・・・あえて書いちゃいますね!

 

ある整体師さんで物凄く腕がいいのに、

変なふうに患者さんを教育されてしまう残念な方がいました。

教育っていうのは、価値観を植え付けることの教育ですね。

せっかくこちらはこれからも通おうと思っているのに、

このままだと脳梗塞になる危険性有りますよ!とか、

うわー、内臓弱ってますよ~。ダメですよ~メンテナンスしないと?

なんて言われたら、私はもう行きたいって思わなくなっちゃいます。

病院もそうですよね。

 

「問診」と「切診」という言葉があるのですが、

両方やっていることは同じなんです。

 

 

ただ、患者の身体を触ったり聴診器を当てたり、

身体に異変がないかと探している診断の一つです。

 

切診っていうのは、その患者のことを

切に切に・・・親切に、診ている、ということなんです。

 

ビジネスのためにやるのは大事だと思いますが、

ビジネスを行うにあたって、何のために患者さんを診るのか、

ここをきちっとしておかないと、患者さんに伝わってしまうのではないかと思います!

もちろんこれは、自分自身にも言えることなので、

クライアントさんのため、これも重要なのですが、

 

なぜセラピストになろうとしたのか?この目的です!

目的をきちっと頭に、身体に叩き込んで、常に初心を忘れないようにしたいと思います。

今日は熱く語ってしまいました!なんてね^^;

 

私がなぜセラピストになろうとしたのか?

その人生の目的、方向性のようなことは、こちらの記事に深く書いています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. 地震雲がいっぱいだけどなぜか田無神社内の自宅マンション周辺が・・・

  2. ベストを尽くすとどうなるか?

  3. 飲み食いした後の遠隔胃上げヒーリング

  4. イメージワーク前に行うと良い魔法のおまじない

  5. 許すスイッチ?

  6. ついに、愛の宇宙方程式が解けました

  7. トラウマと心理的逆転現象について

  8. 第14回 惠里子さん・真喜子さんの会 in 東京