【対談⑧】なぜワン・コマンドと心理的逆転の二刀流?

本記事は2014年12月24日(水)アメブロから転記、加筆修正

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回は、結婚直前に心理的逆転と出会い、

自分の内面を探究してきて、3年かかってようやく

楽になってきたのですが、ぽかーんとした状態になりました。

 

心のゴミを取り除いて、今まではそのゴミによる

感情や思考に支配されていたのです。

 

ところがその不快な感情や思考が少なくなってきたので、

あれ?自分は一体何をやりたいのかな?

と思うようなところがありました。

 

じゃあそこにどうしたら?ということでワン・コマンドに出会いました。

 

数年間かけて心のゴミが無くなってきたスペースに

ワン・コマンドで新たな目標をいれます。

 

面白いことに、新しい目標に対して

ブロックっていうのが今度は出てきます。

 

新しい目標は今までの目標よりも大きいので

その大きくなった分に相当するブロックが出てきたのです。

 

あ、これは私のその時の考えですので、判断は読者さんにお任せします。

今現在の視点ではなく、当時の視点を思い出しながら書いています。

 

新しい目標に対しての新たなブロックを調整するたびに

自分がやりたかったのはこれじゃなかったのか。

みたいなことが起きてくるわけですね。

 

そしてさらに新しい目標を立てたり、それに相当するブロックを調整したり、

「軸」というのが少しずつですがまっすぐに、そして太くなっていきます。

 

 

このプロセスは人によるでしょうから時間差もあるでしょう。

人によって経験値が全然違いますから。

 

ブロック調整なんか不要で行動しながらブロックが

調整されていくパターンもあるでしょう。

実はこれこそが一番早いと思っています。

 

とはいうものの、今までの惰性で行動できないのはブロックがあるはずだ、

と思ってブロック探しや過去生原因探し、

そういう行動パターンに彷徨いながらも何とか本来の自分に戻ってきます。

そして行動も多少は早くなっているかもしれません。

 

私も当然そのプロセスにいると思ってますし、

3年前の自分と比べたら行動していると思ってます。

まだまだだと思う自分もいます。

 

もっともっとという自分もいます。

最高、順調だと思う自分もいます。

どれも自分なんでしょうね。

 

スゴイ簡単ではありますが、心のブロックを

取り除いてそこにワン・コマンド?どういうこと?

というのが分かっていただけたらと思います。

 

また、私が提供しているワン・コマンドの個人セッションには

「心理的逆転」のノウハウ、「パワフルな言霊」のノウハウ

その他オリジナルなノウハウが5つブレンドされています。

 

最初に出会った心理的逆転のデメリット、

ワン・コマンドにどのように応用しているか話しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

  1. 感情解放【ESR】

  2. マインドセットの違いで結果が劇的に変わるワークのご紹介

  3. 【動画】アメブロ読者数表示変更方法

  4. 田無神社本殿見学

  5. ワン・コマンドでの瞑想って?イメージできない場合は?

  6. 東京国立博物館 支倉常長の特集

  7. ワンコマンドにも色々とコツがあるのですね

  8. サロンのカーテン新調、名古屋方面の神社ネットワーク