第12回 6つのステップ (ステップ5、6)

こんにちは、齊藤秀行です。

 

今回のテーマは

『6つのステップ(ステップ5、6)』

についての内容です。

 

ワン・コマンド瞑想の6つのステップ

復習としてワン・コマンドの6つのステップを下記します。

ステップ1:地に足をつける

ステップ2:同調する

ステップ3:θ(シータ)波状態になる

ステップ4:ワン・コマンドを唱える

ステップ5:拡大する

ステップ6:感謝して受け取る

 

ステップ5

ステップ5は「拡大する」プロセスです。

眼球は真上に上げている状態です。

ワン・コマンドで唱えた内容のイメージを

どんどん拡大させていくようなプロセスです。

例えば月収100万円以上という目標に対して、

「今すでに月収100万円以上収入を得ている」と

時間の概念が「今ここ」の潜在意識に指示はしました。

でもこの現実世界では、時間という概念があります。

よって、実現するまでに、もちろん時間はかかります。

 

それは、唱えたコマンドの内容によって、

そのコマンドの内容と現実の差に対する心理ブロックが出てきたり、

問題が浮上したり、色々なことが起きるかもしれません。

中にはそれを好転反応と捉える人もいるかもしれません。

 

現実世界に戻った時に、最初は月収が30万円、次の月に50万円、

80万円、110万円、というように、拡大していくように

イメージしていくといいかもしれません。

 

ただ、このイメージの方法は私自身のオリジナルなところでもあり、

これでいいのかどうか、正直のところ、分かりません。

 

人によってはステップ5の「拡大する」プロセスがよく分からない、

どうしたらいいんでしょう?と創始者のアサラ・ラブジョイに

質問があったそうです。

 

このステップ5の

「拡大するプロセスの意味がよく分からない」

という質問が多いそうですが、それに対してアサラ・ラブジョイは

「分からなくていいのです」

と言っています。

 

私がいいなと思ったのは、

「どうしたらいいのか分からない」

というのをワン・コマンドの最初の部分で

素直に認めているのが、いいなと思いました。

 

この現実世界で生きていると、色々と答えや理由を探すことに

多くの時間を費やしたりすることがあります。

そのプロセスが大切なんだ、という人もいるかもしれません。

 

でも、このワン・コマンドでは、どうやって現実が訪れてくるか分かりません。

と最初に宣言していますよね。

 

例えていうならば、PCを使っている時、画面に表示されるまで

電子がどのように流れているのか、想像しながら画面を見ていますか?

「PCの画面が見えていること」

に意識を集中しているのではないでしょうか?

 

画面が見えて文字や画像や動画を見るのが大事なのに、

全然違うところに意識がいっているような状態が、

答えや理由探しに時間がとられてしまっている状態のように私は思います。

なかなか行動が進まないような状態って、まさにこの

「答え探し」、「理由探し」

に時間が取られているように、私は思うんです。

 

こう書いている私も、このワナによく引っかかります^^;

自分で書いていて、よくそんなこと書いているなーと

正直に認めながらも書いています^^;

 

でも、分からないものは、正直に分からないですからね!

PCを使うのに、画面に出てくる文字や画像、動画を見て

どうするか、どうしたいのか、の方が重要ですよね?

「何個の電子が毎秒でどのくらいの速さで動いているんだろう?」

なんて考えながら文字を打ったりしていると、

やりたいことがなかなか進まないのではないかと思います。

科学者になってそれを突き止めたいというなら話は別かもしれません^^;

 

でも、普通の人、(とあえて普通という言葉を使わせてもらいますが)にとっては、

PCをある程度使えるようになることのほうが大事だと思います。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、拡大するプロセスでは

特に分からなくてもいいのではないかと思います。

 

自分の想像している範囲の中で、大きな人生の目標が

現実化するよりも、想像をはるかに超えた

「偉大なる何か」、「サムシング・グレート」

でもいうのでしょうか。

そういうのにお任せして、あとは感謝して受け取ればいいのではないかと思います。

 

「偉大なる何か」、「サムシンググレート」

という言葉を聞いた瞬間に、

「怪しくなってきましたね」

という方もいます。

 

そういう方は、「怪しいと思っている原因を取り除く」ような

コマンドをするといいと思います。

また、「お任せ」するのは一番大事だと思います。

 

最初に私が説明していった、月収10万円からスタートしていって、

だんだん収入が増えていって、それから100万円以上になった時、

それで終わりではなく、それ以上になるように委ねてみます。

拡大するイメージする時は、

「あとはお任せします」、「委ねる」

というような、そういうイメージをしています。

 

「人事を尽くして天命を待つ」

という言葉がありますが、まさにこのプロセスではないのかな、と、私は思います。

 

 

ステップ6

ステップ6は「感謝して受け取る」プロセスです。

ここでようやく眼球を元に戻します。

そして、あらゆるものに感謝をします。

 

意識を無限の知性から、地上にいる肉体に戻していきます。

DNAのらせん構造を巻き戻していくようなイメージです。

その時、巻き戻す前に、古くから縛られている信念、観念を解いていきます。

 

新しい情報を入れるには、古い情報を手放すことが肝心です。

スペースがないと新しいものは入ってきませんよね。

 

ですので、最初にやることは、古いDNAが解かれているようなイメージをします。

 

そして、新しく書き換わった願望や目標を

巻き戻していきながら意識を肉体に戻していきます。

 

最後に、ゆっくりと手や足を動かして、深呼吸をして、

ご自身のペースでゆっくり戻って目を開けて下さい。

 

こちらにワン・コマンドの6つのステップについての内容を

動画でまとめてみましたので、こちらをご覧下さい。

私なりのやり方もかなり入っていますので、

これを参考にするかどうかは、読者さまの判断にお任せいたします。

 

何らかの参考になればと思います。

【動画】ワン・コマンドの6つのステップ (11分35秒)
↓ ↓ ↓

 

以下のブログランキングに参加しています。

クリック応援していただけると、とても嬉しいですm(_ _)m

◆人気ブログランキング
↓ ↓ ↓
http://blog.with2.net/link.php?1522612

 

第13回目は、『個人セッションを受けていただいた方の感想』についての内容です。

次回のメールを、お楽しみにお待ち下さい。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

関連記事

  1. 第6回 ワン・コマンドの3つの部分(1つ目)

  2. 第8回 ワン・コマンドの3つの部分(3つ目)

  3. 第11回 6つのステップ (ステップ3、4)

  4. 第2回 ワン・コマンドの全体像

  5. 第14回 個人セッションでは何をするか?

  6. 第7回 ワン・コマンドの3つの部分(2つ目)

  7. 第1回 ワン・コマンドを始めようとした理由

  8. 第10回 6つのステップ (ステップ1、2)