ワン・コマンドメルマガ(過去メルマガ2)

過去メルマガ公開にあたって(2019年4月吉日)

本記事は、セラピストとして独立するタイミングの2013年7月、
VOICE講座で取得したワン・コマンドプラクティショナーの内容を、
自分独自の視点やお客様の体験を元に14日間にまとめて配信したメルマガ過去記事です。

心理的逆転やトラウマ解除だけでは何か物足りない、
当時の私自身の不足感、探求心から更に学んだものです。

過去メルマガ1の「トラウマと心理的逆転の内容」と同様に、
私自身は2014年1月以降にご縁があったエネルギーワークやヒーリングなどを通じて
潜在意識や現実が激変してきた効果の方が遥かに体験として深かったので
こちらの過去メルマガも全てクローズしようと思いました。
もちろん、学んできた内容は私にとって必要だったので、否定は全くしていませんし、
今でも活用している部分は多くあります。

2019年4月現在までに、様々な講座やメソッドを学んできましたが
今まで公開してきたメニューのうち、一つだけ残すとしたら何を残すか?
と質問されたら、私は「サーニアン」であると即答します。
その理由や経緯などに関してはこちらをご覧下さい。

そのくらい私にとってはセラピストとして独立した2013年8月当時と、
エネルギーワークやヒーリングの世界の出会いによる2019年4月現時点で
価値観、自分のやりたいこと、世界観までもが大きく変わった数年間でした。

しかし、私が学んできた内容や、当時の私自身の価値観や考え方の変化経緯など
必要な方もいると思い、また自分自身の忘備録も兼ねて公開する決意をしました。

14日間の夕方17時に配信する内容でしたので、
日付はあえて2014年3月1日から14日までの17時00分としています。

当時の価値観はそのままにして、誤字脱字、ブログ記事として見やすいように
小見出しをつけたり、画像を追加したりする程度に留めてあります。

当時の価値観から今現在にかけて齊藤秀行という人間がどのように変化してきたか、
その経緯なども見て感じていただけたらと思います。

感想などはいつでも喜んでお受けしますので、お気軽にメッセージください。

 

メルマガ目次とリンク先

以下の第1回~14回の青字部分をクリックすると、その記事に移動します。

 

第1回 ワン・コマンドを始めようとした理由

第2回 ワン・コマンドの全体像

第3回 ワン・コマンド体験談

第4回 脳波

第5回 ワン・コマンドの3つの部分 (全体)

第6回 ワン・コマンドの3つの部分(1つ目)

第7回 ワン・コマンドの3つの部分(2つ目)

第8回 ワン・コマンドの3つの部分(3つ目)

第9回 6つのステップ (全体)

第10回 6つのステップ (ステップ1、2)

第11回 6つのステップ (ステップ3、4)

第12回 6つのステップ (ステップ5、6)

第13回 個人セッションを受けていただいた方の感想

第14回 個人セッションでは何をするか?

 

上記内容は、プラクティショナーを取得する際に習得した基本となる内容で、

ワン・コマンドを更に進化させるべく、様々に探求していきました。

 

進化させたワン・コマンド

基本となるワン・コマンドで個人セッションを200人以上に行った際、

・眼球を上にあげていて目が痛くなり、瞑想に集中できない

・目標を唱えている間、ついつい本当に叶うのかな?と思ってしまう

・瞑想の内容がしっくり頭に入ってこない感覚がある

このような正直な感想をいただいたことがあります。

これらを踏まえて、ワン・コマンドを独自に進化させる方法がないか私なりに探求してきました。

その結果、英語を日本語に直訳したフレーズに違和感があることを発見しました。

〇心理的逆転とトラウマを調整する講座で学んだ内容を追加する方法を思いつきました。

〇日本独自の言霊を追加することで、潜在意識に入りやすいことを発見しました

〇自然に、無理なく眼球を上げることができるように誘導瞑想台本を工夫しました。

〇仙人呼吸法で学んだ瞑想法を活用しています。

 

電子コンテンツのお知らせ

基本となるワン・コマンドを独自に進化させたワン・コマンドを

有料コンテンツ内で公開することにしました。

2019年6月1日から有料コンテンツページにて公開します。

詳しくはこちらをご覧下さい。(→2019年5月末までにリンク先を記載します)

購入してくださった方にパスワードをお伝えして資料や動画を閲覧できるようにします。

興味ある方は個別にご連絡いただけたらリリースと同時にご案内いたします。