人間の中にある3つの人格【人間脳】

本記事は2013年8月19日(月)アメブロから転記、加筆修正

田中将大投手、奥さんの手料理で絶好調みたいですね^^

里田まいさんは料理覚えたのが遅かったと言っていますが、

物凄く勉強されて、まーくんを支えているとか。

いやー、実にいい話 だなと思って感動している今日この頃です!

 

「ビジネスの成功を引き寄せる!ワン・コマンド成功法則」

西東京市のワン・コマンド プラクティショナー 齊藤秀行です。

今回は、「人間の中にある3つの人格【人間脳】」についてです。

 

この記事を読むことで、人間脳としての脳の特性を何となくでも

理解していただけるのではないかと思います。

そしてストレスを感じると自分の思考や感情の状態から、

今現在の立ち位置がどこにあるか、客観的に理解できるように

なるのではないかと思います。

 

爬虫類脳はトカゲやワニやヘビみたいな感じで、

ストレスを感じると、『戦うか逃げるか』、

という二者択一の行動をとります。

 

人間に例えると、トラウマの形成されやすい小さな子供というイメージでした。

何か欲しいものがあったら、お母さんに駄々をこねます。

『今すぐ欲しい欲しい欲しい』って感じでしょうか^^;

 

そして、哺乳類脳は、羊や牛など、草食系というイメージで、

ストレスを感じるとどうしたら良いのか、フリーズしてしまいます。

日本人に多いタイプなのかもしれません。(・・・私もです^^;・・・・)

では、人間脳は誰に相当するか?

 

途中から読まれる方は、今までの記事も参考にしてみて下さい!

『人間の中にある3つの人格【全体像】』

『人間の中にある3つの人格【爬虫類脳】』

『人間の中にある3つの人格【哺乳類脳】』

人間脳とは??一体???

 

ズバリ王様みたいなイメージでしょうか。

 

または、爬虫類脳が発達している小さい子供をなだめるというか、

叱っているお母さんのような、そういうイメージかと思います。

 

冷静に長期的な計画を立てる頭脳明晰な経営者、そういうイメージもしてきます。

なぜこういうイメージをするかといいますと、

人間脳は脳の一番外側である大脳新皮質の部分にあたります。

 

ここに血液がふんだんに流れていると、人間として冷静で長期的な思考ができるのです。

ということは、冷静な判断できるのは一体誰に相当するのか?という

ふうにイメージを膨らませていただけたらと思います。

 

昔の時代でいったら、ズバリ王様みたいなイメージかもしれません。

まあわがままな王様とかもいたかもしれませんけど^^;

有能な側近とかブレーンとかもそうでしょう。

 

 

でも、人間脳だからといっても、爬虫類脳も哺乳類脳も含まれているので、

全て包括しています。

爬虫類も哺乳類もコントロールして、王様である自分に

「みんな!俺についてこい!」

みたいなイメージもあるように思います。

 

今は時代的背景もどんどん変わってきているので、

今でいうと、これは王様ではなく誰に相当するんだろう?

と考えたりもしますが、総理大臣?政治家?どうでしょうか。。。

 

お母さんはイメージできるのではないかと思います。

爬虫類脳が成長中の小さなお子さんは、欲しいものがあると

「お母さん!あれ買って!今すぐ欲しい欲しい!」

というふうにおねだりするかと思います。

 

それを見ているお母さんは、

「今は我慢しなさい!今度買ってあげるからね!」と

言ってあとになっても買わなかったり。

 

それか、「この前同じようなの買ったでしょう?」

「無駄使いだから辞めさない!」といった感じで

小さい子供に色々人間として生きるための知恵を教えている

ような感じもイメージできます。

 

もう少し時間たったら、もっと良いものが出てくるから

今は我慢したほうがいいわよ!というように、

色々と小さい子供をヨシヨシしている感じかもしれません。

 

自分で自分の中にいる爬虫類脳をいかにコントロールしていくか、

それが、人間脳を成長させる大きな役割なのかもしれません^^

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連記事

  1. 弥永英晃さん新刊 『薬に頼らずラクになる やさしいうつの治しかた』対談…

  2. 既に効果が感じられる事が多数ありますが 数日、経過を観察してみて是非ご…

  3. 【胃経と脾経】記憶力と関係する経絡

  4. 他人の視線、気になりませんか?

  5. アファメーションや 「ありがとうございます」をたくさん唱える方法よりも…

  6. アクセスバーズとアクセスボディの違いは何ですか?

  7. 秩父へ

  8. 人間の中にある3つの人格【爬虫類脳】